• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • トレーニング
  • 【足痩せスクワット】スッキリ引きしまったお尻&太ももを手に入れる、3分ダイエット

【足痩せスクワット】スッキリ引きしまったお尻&太ももを手に入れる、3分ダイエット (2/2)

③ワイドスクワット

 鍛えにくい筋肉・内ももを鍛える筋トレ「ワイドスクワット」。筋力向上による基礎代謝アップが期待できるほか、股関節の可動域を広げ、怪我予防にも効果的です。また、心肺機能の向上も期待できます。

正しいやり方

1. 肩幅よりも広めに足を広げる。つま先は「ハの字」にする

2. 腰をゆっくりと下げていく

3. 太ももが膝と平行になるまで下げたら、すばやく姿勢を戻す

実施回数

15回

ポイント

・膝が内側に入らないようにする
・呼吸は止めない
・目線は下げず、前を向く

鍛えられる筋肉(場所)

・大腿四頭筋
・大臀筋
・腸腰筋 etc…

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)とは

 脚の中で、表側にあるのが“大腿四頭筋”です。大腿四頭筋は一つの筋肉ではなく「外側広筋(がいそくこうきん)」「内側広筋(ないそくこうきん)」「中間広筋」「大腿直筋(だいたいちょっきん、)」という4つの筋肉の総称した名称です。

 大腿直筋は骨盤から、その他の3つは大腿骨から始まり、膝のお皿を経て下腿部の骨である脛骨に向かって付着しています。大腿直筋は股関節もまたいでいるので、2つの関節をまたぐ“多関節筋”に分類されます。そのほかの3つは、膝関節しかまたいでいないため“単関節筋”に分類されます。

 大腿四頭筋の主な働きは膝関節を伸ばすこと、そして股関節を動かして脚を前に持ち上げる際に力を発揮することです。普段のトレーニングでは、この4つの筋肉を個別に鍛えるということはあまりしません。しかし、ボディビル競技のように大腿四頭筋の特定部分にもっと筋肉をつけたい、あるいはケガ後のリハビリで再発予防のために特定部分の筋力を高めたいという場合は、その筋肉をターゲットとしたエクササイズを行うこともあります。

おすすめの動画&記事

【足腰を鍛え抜け】深く沈んで両足パンパン!「フルスクワット」の正しいやり方

足が太くならない走り方!正しいランニングフォームとは?【前編#01】走る前のストレッチの方法

筋トレの王道「スクワット」を徹底解説。トレーニング効果を引き出す正しいフォームとやり方・回数・おすすめ器具

オートミールとは。種類と栄養素、効果的な食べ方、おすすめアレンジレシピ[管理栄養士監修]

おすすめの筋トレグッズ

リーボック トレーニングマット

リーボックの厚手のヨガマット。厚さ7~15mmが選べます。

Amazonでチェック!




アルインコ フィットネスバイク

静音式のエアロバイク。背もたれとタブレットトレーがついています。

Amazonでチェック!

\もう一度動画でおさらい/

[トレーニング指導]
鳥光健仁(とりみつ・たけのり)
フィットネスランニングトレーナー。1991年生まれ、千葉県出身。出張パーソナルトレーナー、SUUNTO 5 アンバサダー、VX4アドバイザリー、(株)BOOSTマネジメント契約、HOKA ONE ONE サポート。

<Text:MELOS編集部>

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -