フィットネス
2023年9月25日

【家でOK】○○するだけ!スクワットや腕立ての“効果を高める”方法 (2/2)

  1. 腕立て伏せの姿勢になる
  2. 胸が地面に着くくらいに肘を曲げ、カラダを下ろす
  3. 限界まで下ろしたら、両手を床から浮かせるように勢いよくジャンプする
  4. 着地したらそのままの流れで肘を曲げ、再び②の動作を行う。

トレーナーからのコメント

大胸筋と上腕三頭筋を鍛えるエクササイズです。

疲れてくると、肘の角度やカラダを下ろす位置が少しずつ浅くなります。ジャンプ動作を意識するより、深い位置からジャンプすることを意識しましょう。

着地時には手首に負担がかかります。手首が痛くなるようであれば、無理をしないようにしてください。

脂肪燃焼! ジャンプ系筋トレまとめ

【スクワット】大きく動いて楽しく追い込む。「スクワットジャンプ」の正しいやり方

【筋トレ2分】お尻&太ももに効く。「スプリットジャンプ」の正しいやり方

※本記事はMELOSで公開された記事『超キツイ!腕立て伏せやスクワットに「ジャンプ動作」を加える|自宅トレーニングの効果を高める方法』を再編集したものです。

<Edit:編集部>

1 2