フィットネス
2023年12月4日

「プランクは長くやるほど効く」は間違い!長時間やるとこんなデメリットが… (1/2)

筋トレ初心者でも気軽に行えるトレーニング「プランク」は、全身を鍛えるのにうってつけ! 30秒行うだけでも体がプルプルしてきてつらいですが、やればやるほど筋肉に効くのでしょうか? 『体幹トレーニング「プランク」』という記事から、プランクを行う時間をピックアップしてご紹介します。

まず「プランク」ってどんな筋トレ?

うつ伏せになった状態で前腕と肘を地面につけた姿勢を、一定期間キープするエクササイズです。

プランクは、腹筋・背中・腕・肩など全身の筋肉に刺激を与えることができます。そのため、以下のような効果が期待できます。

  • 引き締まった腹部やボディラインを作る
  • インナーマッスルや背筋強化による姿勢改善
  • 腕や肩の筋肉も鍛えられ、上半身の筋力を向上させる
  • バランス感覚を養い、日常生活やスポーツパフォーマンスを高める

プランクはとても地味です……。もしエクササイズ(exercise)を字義通り「運動」と訳すなら、本来はそのカテゴリーに入れるべきものではないかもしれません。なにしろ、プランクはじっと同じ姿勢で動かないわけですから。

プランクは、長くやればやるほど効果的?

短時間でも腕やお腹がプルプルとするプランクですが、プランクをする時間は長ければ長いほど良いのかというと、必ずしもそうではありません

プランクを長時間行うと、以下のデメリットが出てきます。

プランクを長時間やるデメリット

\次:やればいいってわけじゃない/

1 2