• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

自宅で手軽に筋トレ&ダイエット。バランスボールの効果と体幹エクササイズ3選 (4/4)

<バランスボール・プローンニートゥチェスト>

 不安定な姿勢をしながら脚を動かす難しい種目です。よりハードに鍛えたい人は、ぜひチャレンジしてみてください。

1. 腕立て伏せの姿勢になり、ボールに両足の爪先(もしくはスネ)を乗せます。

2. その姿勢から股関節と膝を曲げていき、お尻を高く上げながら足のボールを上半身のほうへ転がしていきましょう。

3. いけるところまで転がしたら、ゆっくりと元の姿勢に戻します。

4. 1〜3の動作を繰り返します。回数は、10回×3セットを目安にしてください。

 腹筋全体だけでなく、姿勢をキープするために肩関節周辺や腕に強い刺激が入るエクササイズです。負荷を高めるためには、ボールをできるだけ胸の方に近づけることがポイント。初めはスネの上で動かすことだけでもきついと思いますが、慣れてきたらスネを浮かせ、つま先でボールを動かすようにしてみてください。すると、可動域が広がりさらにハードになります。

おわりに

 バランスボールは初心者だけでなく、トレーニング上級者も活用できる優れたアイテムです。バランスボールを効果的に活用し、バランスの良いカラダ作りを行いましょう。

[著者プロフィール]
和田拓巳(わだ・たくみ)
プロスポーツトレーナー歴16年。プロアスリートやアーティスト、オリンピック候補選手などのトレーニング指導やコンディショニング管理を担当。治療院での治療サポートの経験もあり、ケガの知識も豊富でリハビリ指導も行っている。​スポーツ系専門学校での講師や健康・スポーツ・トレーニングに関する講演会・講習会の講師経験も多数。そのほか、テレビや雑誌でも出演・トレーニング監修を行う。日本トレーニング指導者協会JATI-ATI。
【HP】https://wada0129.wixsite.com/takumiwada

<Text:和田拓巳/Photo:Getty Images>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード