• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

筋トレ効果をサポートするサプリ。アミノ酸「クレアチン・BCAA・グルタミン」とは (1/3)

 筋トレが習慣づいてくると、より効果を高めるためにいろいろと試したくなってくるものです。新しいエクササイズに挑戦したり、新しいトレーニング方法に興味が出たり。なかには、栄養素を補うためサプリメントの購入を検討する方もいるでしょう。食事のみで摂るとかなりの時間と労力がいりますし、エネルギーや脂質過多になりがち。それに比べてサプリメント摂取は手軽にできるため、多くの人が活用しながら筋トレに励んでいます。

 では、いったいどのようなサプリメント成分が筋肉作りに効果的なのか。ここで、トレーニング効果を高める「アミノ酸」についてご紹介しましょう。

アミノ酸とは

  スポーツ用のサプリメントとして、「アミノ酸」はよく目にします。アミノ酸とは、カラダを構成するたんぱく質の原料となる栄養素です。たんぱく質は20種類のアミノ酸が結合してできています。その中でも2つのグループに分けられ、一方を必須アミノ酸、もう一方を非必須アミノ酸と呼びます。

 必須アミノ酸とは、体内で生成することができないアミノ酸のこと。食事などで摂取しなければ補うことができません。20種類のうち9種類が必須アミノ酸で、ロイシン・イソロイシン・バリンなどが有名です。これに対し、体内で合成することができるアミノ酸は非必須アミノ酸と呼ばれます。アルギニン・グルタミン・アスパラギンなど11種類が非必須アミノ酸です。

 そのほか、たんぱく質に合成されず単体で体内に存在する遊離アミノ酸なども。それら多様な種類を含めると、その数は自然界において約500種類もあるとされています。

オススメのアミノ酸

 ここでは、オススメのアミノ酸を3つご紹介します。サプリメント購入の際、ぜひ参考にしてください。

1)クレアチン

 クレアチンは、筋肉のエネルギーを作り出す材料となるアミノ酸。とくに筋力向上に効果を発揮します。クレアチンを摂取すると無酸素性のエネルギー代謝能力が高まり、高強度のトレーニングが可能となります。トレーニングをしていても筋肉が疲れにくくなり、質の高いトレーニングを行うことができるでしょう。

 クレアチンを多く含む食品には、肉が挙げられます。ただし推奨量を満たすには大量の肉を食べる必要があるため、効率的ではありません。だからこそ、サプリメントの活用が効果的な栄養素なのです。

 クレアチンは筋力・瞬発力を向上させる効果が高いため、競技アスリートに愛用者が多いサプリメント。しかもドーピングにならず、副作用も心配ありません。クレアチンを摂取すると短期間のうちに筋トレで扱える重量に変化が出てくるなど、即効性が高いのも特徴です。筋力の向上を目指す方にオススメします。

次ページ:オススメのアミノ酸「BCAA」

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード