• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

“通勤や家事もダイエットになる説”、新研究で明らかに。脂肪燃焼&健康効果が期待できるトレーニング「HIIPA」とは (1/2)

 スポーツのパフォーマンスを向上させる、あるいは短時間で効率よく脂肪を燃焼するという点で、「HIIT(ヒット)」(High Intensity Interval Training)は効果的なトレーニング方法です。唯一の問題点は、実行、あるいは継続へのハードルが高いことでしょう。言うまでもありませんが、HIITは非常にきつい運動です。実行するには、基礎体力と高いモチベーションが要求されます。さらにはケガの危険もありますし、運動の種類によっては設備の整ったジムなどへ定期的に通う必要も出てくるでしょう。

 効果があると分かっていても、さまざまな理由でHIITができない、続かないと断念する人は後を絶ちません。しかし最近、そのような人々にとって朗報となるかもしれない論文が、英国の学術雑誌に発表されました。フィットネスやヘルスケア業界で話題となっています。

日常動作によって健康効果が期待できるHIIPAとは

 シドニー大学のエマニュエル・スタマタキス教授が英国スポーツ医学ジャーナルに発表した論文には、「HIIPA」(High Intensity Incidental Physical Activity)と呼ばれる日常の動作を意識して行うことで、ジムに行かなくても(あるいは行けなくても)HIITのような健康効果を得ることができるという研究結果が書かれています。論文では、車を洗う、階段を上る、買い物袋を抱えて歩くなどの日常動作を「HIIPA=高強度の偶発的な身体的活動」と定義しています。

 スタマタキス教授とその研究グループによると、年齢・性別・体重による違いを考慮に入れたうえで上記のような日常動作を1日に何回か行うと、健康を増進するために充分な運動量になるということです。大体の目安として1日に4~5回、合計時間は5分~10分。それを毎日続けると、明らかな健康上の効果が望めるとされています。

HIITがきつくて続かない人におすすめ

 論文ではトレーニング方法としてHIITを否定しているわけではなく、むしろその逆です。どのようなタイプのHIIT(短時間の高強度な運動を、休息を挟んで繰り返す)であっても、継続時間や反復回数にかかわらず、フィットネス能力と心肺の健康を向上させるもっとも効果的な方法であるとしたうえで、HIIPAも同じ種類の効果を人々にもたらすとしています。

 HIIPAについて、スタマタキス教授は研究結果のなかで以下のように語っています。

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード