• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

【お腹痩せ】ぷよぷよ肉撃退!腹筋トレーニング2分 (2/2)

腹斜筋とは

 腹斜筋には、表層の「外腹斜筋(がいふくしゃきん)」と中~深層の「内腹斜筋(ないふくしゃきん)」があり、どちらも同時に鍛えることが可能です。さまざまなやり方で筋肉を刺激することで、より効果的に腹斜筋を鍛えることができます。

 正しい姿勢とフォーム、動きで行うことで腹斜筋にも適切な負荷が掛かり、脇腹を効率よく引き締めることができます。

腹横筋(ふくおうきん)

 コルセットのように、腹部全体を覆うようについているのが「腹横筋」です。腹横筋は深部にある内腹斜筋よりさらに奥に付着しており、肋骨、骨盤、背中側の筋膜から腹直筋の白線までと腹部全体を走行しています。

 腹横筋の働きは、お腹を締めるように力を入れて腹圧を高めたり、内臓を安定させる働きを持つ筋肉です。きついズボンをはくときにお腹を凹ませたり、大きく息を吐いたり腹式呼吸をイメージすると、腹横筋の働きが分かりやすいのではないでしょうか。

 筋肉自体は薄く、発揮できる力も強くありません。しかし、スポーツ競技のパフォーマンス発揮やウエストを引き締めるために必要であるとされ、最近では腹横筋を鍛えるエクササイズが多く取り入れられています。

 

おすすめの動画&記事

【お腹を絞る】腹筋トレーニング3種類!ぜい肉をスッキリさせよう

【背筋2分】背中を鍛えるトレーニング(家トレ)

【お腹痩せ筋トレ】おすすめ腹筋トレーニングと効果的に痩せるコツ

【腸腰筋(深腹筋)の筋トレ&ストレッチ】鍛え方のコツとトレーニングメニュー

\もう一度動画でおさらい/

[監修・トレーニング指導]
鳥光健仁(とりみつ・たけのり)
ReebokONEエリート /フィットネスランニングトレーナー。1991年生まれ、千葉県出身。出張パーソナルトレーナー、SUUNTO 5 アンバサダー、VX4アドバイザリー、アクティブエイジ・ダイエット指導士、(株)ブーストパートナー契約。

<Text:MELOS編集部>

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -