ウェルネスフード
2023年12月8日

疲れてる時は食べちゃダメ!疲労回復したい時に「避けるべき食べ物」とは? (1/2)

疲労回復におすすめの食べ物はよく聞きますが、逆に控えた方がいい食品にはどんなものがあるのでしょうか?『疲労回復と食べ物』という記事から、疲れが溜まっている時に控えた方が良い食べ物をピックアップしてご紹介します。

疲れてる時に、避けるべき食べ物とは?

「疲労回復」という観点から見て、避けたほうが良い食品は明確には存在しません

しかし、高強度・高頻度で運動をした後に、疲労からくる内臓機能の低下が見られる人もいます。その場合は、消化に悪いものを多く食べるのはできるだけ避けたほうが良いでしょう。

避けたほうがいいジャンル・食材例

脂質が高いもの

  • フライドポテト
  • ピザ
  • 唐揚げ
  • 脂身の多い肉
  • バターや生クリームを多く使用したお菓子 など

生もの

  • 刺し身
  • お寿司
  • 生肉
  • 生卵 など

上記をおさえたうえで、栄養バランスの偏った食事は避けましょう。特定の栄養ばかり摂っているとその栄養素を消化・吸収するため、他の栄養素の必要量も増加します。必要になる栄養素が体内で合成できないものの場合、食事からの摂取が必須となります。

バランスの悪い食事を続けていると、以上の理由から消化・吸収に影響が生じます。結果として消化器官に負担がかかり、疲労回復のスピードが遅くなってしまう可能性があります。

したがって、バランス良くいろいろな栄養素を摂ることも心がけてくださいね。

▼ 関連記事

納豆の賞味期限、何日過ぎても大丈夫?食べたら危ない腐敗サインとは【管理栄養士監修】

疲労回復におすすめの食べ物は?

1 2