• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 筋トレ後にお酒を飲むと筋肉量が落ちる?糖質ゼロやノンアルコールならOK?

筋トレ後にお酒を飲むと筋肉量が落ちる?糖質ゼロやノンアルコールならOK? (1/2)

 筋トレ後のビールを楽しみに、トレーニングを行っている人も多いのでは。しかし、お酒はせっかくのトレーニング効果を台無しにしてしまう可能性があります。はたして、アルコールは筋肉にどんな影響を与えるのか。糖質オフビールやノンアルコールなら問題ないのでしょうか。

アルコールによって起こる筋トレへの悪影響

テストステロンの分泌量が減少するおそれ

 「テストステロン」というホルモンは、摂取したたんぱく質を合成させ筋肉を作るという働きを持っています。筋トレの刺激によって分泌されるのですが、アルコール摂取によりテストステロンの分泌量が減少するとされているのです。

筋肉の合成を促すシグナル伝達経路の活動が低下するおそれ

 筋トレやたんぱく質の摂取により、筋肉の合成を促す「mTOR(たんぱく質キナーゼ)」と呼ばれるシグナル伝達経路が活発になることが分かっています。しかしアルコールを摂取することで、mTORの活動が低下するという結果を発表している研究も。

コルチゾールの働きで筋肉の分解を促進されるおそれ

 アルコール摂取によって分泌される「コルチゾール」というホルモンには、血糖値をコントロールする働きがあります。このコルチゾールには、エネルギー源である糖を生み出すために、筋肉の分解を促進させてしまう作用も。筋肉の分解は筋肉量の低下に繋がりやすくなります。

エネルギー過多になりやすく体脂肪増加を招くおそれ

 「お酒はエンプティカロリー。飲んでもすぐにエネルギーになるから太らない」という話を聞いた人もいるかもしれません。確かにアルコールは、摂取後すぐエネルギーとして使われるために分解されます。しかし、アルコールのエネルギーを消費している間は、食事から摂取したエネルギーは消費されていません。その結果、エネルギー過多となってしまい、余った分のエネルギーが体脂肪として蓄積されやすくなります。

アルコールによる食欲増進のおそれ

 お酒に合う料理の多くは糖質や脂質、塩分が多く含まれています。料理を食べずに飲み続けるという人は問題ないかもしれませんが、そうではない人は食べた分だけカロリーオーバーの危険性が高まります。

関連記事:アルコールは筋トレにどんな影響を及ぼすのか?筋トレとお酒の関係をプロが解説  より

糖質ゼロ/オフなら問題ない?

 糖質ゼロ/オフのビール飲料といっても、(ノンアルコール製品以外は)アルコールが含まれた立派な“お酒”。飲み方には十分気をつけたいところです。栄養士の田村つぼみさんはこう忠告します。

「筋トレをしているのであれば、本来は、お酒は飲まないほうがベスト。カラダづくりの際にアルコールを摂取すると、他に摂取した栄養が奪われてしまい、筋トレの効果が低くなったり、体脂肪がつきやすくなる可能性があります。『量を飲まなければ……』というわけではなく、アルコールを飲んだ時点で肝臓でのアルコール分解はスタートしており、余った分は確実にただの脂肪になってしまいます」(田村さん)

 では、絶対に飲んではいけないかというと、

「たとえばダイエットで食事を制限している人は、ストレスで逆に太ってしまうことがあります。ずっと我慢をすることで精神的にストレスになるくらいであれば、“カラダを意識しながら”お酒を飲むことはいいと思います。チートデイ(週1日だけアルコールを摂取していいご褒美日)を設定して、お酒と筋トレを上手に両立させましょう」

関連記事:糖質ゼロ/オフビール飲み比べ12選。効果的な飲み方や筋トレとの関係を栄養士に聞いてみた  より

次ページ:ノンアルコールビールなら飲んでもいい?

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -