• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 【有酸素運動vs筋トレ】やる順番で効果は変わる?ダイエット目的ならどっちがおすすめ?

【有酸素運動vs筋トレ】やる順番で効果は変わる?ダイエット目的ならどっちがおすすめ? (2/3)

下っ腹を凹ませるのはどっち?

有酸素運動と筋トレどちらも必要! でも先に有酸素運動で脂肪を落としておこう

 いわゆる下腹(腹直下部)の筋肉は、脂肪に覆われています。まずはこの脂肪を有酸素運動で燃焼させつつ腹筋トレーニングを行うことで、効率よく下っ腹を凹ませることができます。

 また、ぽっこりお腹の原因として考えられる骨盤の歪みや姿勢の崩れも、腹部の筋トレで矯正可能です。総合スポーツジムメガロスのトレーナー繪村さんおすすめのトレーニングは、筋肉を刺激しながら心拍数も上がる「ツイストニーアップ」だそう。

関連記事:ぽっこり下っ腹、へこませるには有酸素運動と筋トレどちらが効果的?メガロストレーナーが解答

 ほか、ドローイングやレッグレイズなども下っ腹を引き締めるエクササイズとしておすすめです。

息を大きく吸い、お腹を凹ませながら息を吐き出す「ドローイング」。下腹に効かせる腹式呼吸「ドローイング」のやり方!インナーマッスルを鍛える より

仰向けになり、足を上げ下げするレッグレイズ。ぽっこりお腹の引き締め。レッグレイズ10回【筋トレ初心者向け】 より

アンチエイジングに効果的なのはどっち?

両方組み合わせて行うと効果的

 運動をすると肌ツヤがよくなった、若々しくなったなど、美容面でも良い声を聞くことがあります。年齢相応の若さを保つアンチエイジング的には、有酸素運動と筋トレを組み合わせて行うと良い影響が得られると、「筋トレと有酸素運動、どっちがアンチエイジングに効果的?」にて述べられています。

 上記記事では、高強度インターバルトレーニング「HIIT(ヒット)」と有酸素運動を両方行った場合、アンチエイジングにどのような影響を及ぼすのか調べた論文を紹介しています。

HIITとは
「高強度インターバルトレーニング:High-Intensity Interval Training(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)」のこと。短時間で体脂肪を落とす効果が期待できるとされています。

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -