• Facebook
  • Twitter

美味しく気軽にタンパク質を摂取!「プロテイン」を使ったスイーツ&料理レシピ (2/5)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

【材料】
・大豆プロテインパウダー(Kentai) 30g
・スローカロリーシュガー 80~120g
・塩 7.5~8g
・卵(13~15個) 700~750g
・豆乳 100g
・クロレラパウダー 2g+水10cc

【作り方①】
 大豆プロテインパウダーの量を計ってボウルに入れます。

【作り方②】
 ボウルにスローカロリーシュガーと塩も入れて、しっかり混ぜ合わせます。粉っぽいものだけを先に混ぜることで、ダマが出来るのを防げます。また、スローカロリーシュガーは、ゆっくりと消化吸収される砂糖なので、血糖値が急激に変動することはありません。山崎さん曰く「ふつうの砂糖でもいいのですが、健康に気を配るならスローカロリーシュガーがオススメ」とのこと。

【作り方③】
 大豆プロテインパウダーとスローカロリーシュガーと塩がしっかり混ざったら、豆乳を注いでさらに混ぜ合わせます。

【作り方④】
 よく混ぜてトロっとしてきたら、700g分の全卵に投入! これで厚焼きたまごの卵液が完成です。

【作り方⑤】
 グリルプレートを温めて、オイルを垂らします。

【作り方⑥】
 卵液は、数回に分けて注ぎ、スクランブルエッグを作る要領で混ぜ合わせてください。

【作り方⑦】
 ほどよく固まってきたら、残った卵液を流し入れます。そしてスクランブルエッグ状に混ぜながら卵液を焼いていきます。

【作り方⑧】
 ⑥⑦の作業を数回繰り返したら、このタイミングで一度グリルプレートを火から下ろします。

【作り方⑨】
 ここで、山崎さんから提案が! 「このまま仕上げに入ってもいいのですが、せっかくタンパク質たっぷりの厚焼きたまごになったので、さらに栄養を追加してみましょう」そういって山崎さんが取り出したのは、緑鮮やかなクロレラパウダー!実はこのクロレラパウダー、100gあたりタンパク質が58gも入っているそうです。タンパク質が多いと言われているきなこでも100gあたり30gですから、自然の食物の中ではトップクラスの高タンパクと言えますね。

【作り方⑩】
 厚焼きたまごの中に、水で溶いたクロレラパウダーを混ぜ込みます。「かなりザックリした混ぜ方で問題ないです」と山崎さん。

【作り方⑪】
 グリルを温めたら、弱火で焼いていきます。グリルは焦げやすいので、必ずアルミホイルでグリルプレートを覆います。竹串で確認しつつ、10分ほど焼けば出来上がりです!

【完成!】
 これ(下写真)が焼き上がった厚焼きたまご。この状態だと、ちょっとスクランブルエッグ? オムレツ? と思われるかもしれませんが……。

 グリルプレートをひっくり返して外せば、見事に巨大な厚焼きたまごです。これはすごい!!

 カットしてみれば黄色の厚焼きたまごに、緑色のマーブル模様のクロレラが美しい!これで「プロテin厚焼きたまご クロレラマーブリング」の完成です!

 食べてみたところ……

 プロテインで作られたことを忘れるくらい、美味しかったことに驚きました!タンパク質の塊と言っても過言ではない「プロテin厚焼きたまご クロレラマーブリング」。しょっぱい味がお好きなら、砂糖を控えめにして出汁を入れたりしてもOK。豆乳の代わりにトマトジュースを使ってみるのもいいですよ!

レシピ②「プロテインきなこ飴」

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード