• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

「テント」の種類・特徴・おすすめの利用シーン7選 (1/3)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 アウトドアレジャーからスポーツシーンまで、着替えや避暑、休憩、荷物置きなどに重宝するテント。しかしテントといっても、ドームテントやポールテントをはじめ種類はさまざまです。ここで主要なテントの種類について、特徴やオススメの利用シーンなどをご紹介します。

登山初心者でも深山を満喫できる。高尾山6号路の魅力

形状で選ぶ

【1】ドーム型テント

 テントの中ではもっともポピュラーなタイプ。ほどよい軽量さとコンパクトさが魅力ですが、テント内のスペースは限られます。構造がシンプルなため、メーカーによって多種多様なサイズ・価格帯の商品を展開しており、種類が豊富です。

【メリット】
収納がコンパクト、設営が比較的簡単、種類が多い

【デメリット】
居住スペースが狭い、圧迫感がある

【2】ツールームテント

 ドームテントの外幕を外まで延ばし、リビングスペースも確保したもの。ドーム型のテント内はそのまま使えて、リビングスペースでは調理や食事を楽しむことができます。サイズが大きくなるので設営難易度は上がりますが、快適性は大きく上昇するでしょう。

【メリット】
スペースが広い、居住性アップ

【デメリット】
設営難易度が高い、重量感がある

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード