• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

時間制限ナシ!初心者にもおすすめ「ホノルルトライアスロン2019」のエントリー受付中

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 2019年5月12日(日)に開催される「HONOLULU TRIATHLON 2019(ホノルルトライアスロン2019)」のエントリーが、現在受付中です。

「ホノルルトライアスロン」とは?

 「ホノルルトライアスロン」は、アラモアナビーチパーク(米ホノルル)をスタート地点とした、 ハワイを代表するトライアスロン大会です。こうしたレースは時間制限が気になるものですが、「ホノルルマラソン」はなんと全種目時間制限なし! しかも、比較的フラットなコースが採用されていることから、初心者にも人気を集めています。

 競技内容は、スイム・バイク・ランで構成される「オリンピックディスタンス」または「スプリントディスタンス」から選択。ジュニア・ユース・キッズ向けにもレースが展開されているので、当日は家族での参加も可能です。

 それぞれのレース距離は次の通りです。

【競技距離】
◆オリンピックディスタンス(個人・リレー)
スイム1.5km/バイク40km/ラン10km
◆スプリントディスタンス(個人・リレー)
スイム750m/バイク20km/ラン5km
◆ジュニア 16~19歳
スイム750m/バイク20km/ラン5km
◆ユース 11~15歳
スイム375m/バイク10km/ラン2.5km
◆キッズ
└9~10歳 : スイム200m/バイク3km/ラン1km
└7~8歳 : スイム100m/バイク2km/ラン1km
※キッズ7~10歳のバイク・ランの距離は変更になる可能性あり
◆10K RUN:ラン10km
◆SUP&RUN:SUP4km & ラン10km

事前説明会は日本語にも対応!

 「ホノルルトライアスロン2019」は、海外でのレースであるにも関わらず、なんと言語の心配がいらない点もうれしいポイントです。

 日本語での説明会は、レース開催2日前の2019年5月10日(金)16時~、翌11日(土)10時30分・13時・15時に開催されます。なお、競技に参加するためには、説明会に出席して証明書をもらう必要があるので注意してくださいね。

 ウェブでのエントリー受付は、2019年4月30日(火)23時59分まで。なお、参加費は5,000円~37,450円です。エントリー時期によって料金が変わるので、行くと決めたら早めのエントリーが吉ですよ!

【参加費】
<アーリー>
・オリンピックディスタンス 22,000円
・スプリントディスタンス 20,000円
・オリンピックリレー 33,000円
・スプリントリレー 29,000円
・ジュニア 16~19歳 16,000円
・ユース 11~15歳 11,000円
・キッズ 7~10歳 8,000円
・10Kラン 9,000円
・SUP & RUN 5,000円

<通常>
・オリンピックディスタンス 25,000円
・スプリントディスタンス 23,000円
・オリンピックリレー 36,000円
・スプリントリレー 32,000円
・ジュニア 16~19歳 19,000円
・ユース 11~15歳 14,000円
・キッズ 7~10歳 11,000円
・10Kラン 12,000円
・SUP & RUN 6,000円

<レイト>
・オリンピックディスタンス 28,000円
・スプリントディスタンス 26,000円
・オリンピックリレー 39,000円
・スプリントリレー 35,000円
・ジュニア 16~19歳 22,000円
・ユース 11~15歳 17,000円
・キッズ 7~10歳 14,000円
・10Kラン 15,000円
・SUP & RUN 8,000円

 アロハな雰囲気の中で、初心者はもちろん、タイムを気にする上級者までしっかり楽しめそうですね。

 大会概要は以下の通りです。

【ホノルルトライアスロン2019 大会概要】
・開催日程:2019年5月10日(金)~2019年5月12日(日)
※競技実施日は5月12日(日)
・開催場所:アメリカ合衆国・ハワイ州ホノルル アラモアナビーチパーク(1201 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI 96814)
・日本語説明会:2019年5月10日(金)16時~/翌11日(土)10時30分・13時・15時
・制限時間:原則なし
・エントリー期間:2018年10月1日~2019年4月30日(火)23時59分まで
・公式サイト:http://honolulutriathlon.jp/

<Text:辻村>

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード