• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • ニュース
  • アシックスとNTTが協力!ウエアが「水分補給」や「休憩」を教えてくれるようになるかも?

アシックスとNTTが協力!ウエアが「水分補給」や「休憩」を教えてくれるようになるかも?

 アシックスは、日本電信電話(以下「NTT」)と協力して、「センサー付きウエア」を利用した暑さ対策に関する共同実験を開始すると発表しました。将来的には、暑さ対策に役立つ体調管理ウエアとしての実用化を目指すとしています。

共同実験の内容は?

 今回の共同実験で使用されるのは「センシングデバイス」、つまり計測機器がウエアの背中上部に付いた特別なウエアです。このウエアを着用することにより、ユーザーが着用するウエア内の温度や湿度、さらには日差しの強さを反映した「日射熱」(※太陽エネルギーの取得により発生する熱)を測ることができるとしています。

 発表によれば、すでにこのセンサー付きウエアのプロトタイプは開発済み。2018年の夏から、気温と湿度が自由に設定できる「人工気象室」での着用に加え、実環境下でも実験を開始しています。

収集データはユーザーのスマホへ転送

 さらに、このセンサー付きウエアから得られたデータは、着用者のスマートフォンに転送され、専用アプリに記録されます。データ転送はリアルタイムで可能です。

 これまで、温熱的な人体への負荷は「暑さ指数(WBGT)」と呼ばれる指数が多く用いられてきましたが、これはあくまで地域別のもの。個人ごとの体への付加は分かりませんでした。しかし、今回の実験がうまくいけば、ユーザー1人ひとりに対する温熱的な人体への付加が評価できるようになります。これにより、新たな体調管理手法の確立を目指します。

 将来的には、暑さによる人体への付加が高まった際、水分補給や休憩を促すアラート機能を搭載することで、暑さ対策に役立つウエアとして実用化を目指すそうです。

<Text:辻村>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新