• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

筋トレ美人が渋谷に大集結!「ティップ.クロスTOKYO WORKOUT FES」は、パリピ風本格ワークアウトイベントだった (1/2)

 総合フィットネスクラブを展開する株式会社ティップネスが、ノリにノったスペシャルイベント「ティップ.クロスTOKYO WORKOUT FES」を、6月9日に開催しました。こちらの記事で伝えた通り、参加者全員で合計10万kcal消費を目指す、女性限定のワークアウトイベントです。「筋トレ美人」というワードが示す通り、筋トレを中心とした多彩なプログラムで、楽しくカロリーを消費できるという、本イベント。MELOS編集部も参戦してきました!

渋谷WOMBに、筋トレ美人たちが集まる

 会場はクラブカルチャーの聖地・渋谷WOMB(ウーム)。有名クラブでワークアウトができるなんて、参加前からアドレナリンが止まりません。勢いあまりつつ会場へ向かうと、すでに何人もの参加者が整列していました。ウェアを着た状態で向かったので、更衣室ではなくそのままフロアへ。廊下もすべて「ティップ.クロスTOKYO WORKOUT FES」仕様になっていました。

 手首には、消費カロリーや心拍数を表示するウェアラブルデバイスを装着。これはモチベーションが上がりますね。

▲興奮のあまり、写真がすこしブレているのはご愛嬌で……。

ダンスフロアに音と光が満ちてくる

 ストレッチをしているうちに、フロア内の照明や音楽に変化が。いよいよ開始時刻です。最初のプログラムは「X TARGET WORKOUT」。全身の筋肉を使い、引き締まったボディを目指します。

▶さわやかな美人インストラクター、福島沙織さん。

 飛び跳ねたり身体をひねったり、すでに息切れの予感を感じる筆者。いきなりタフなワークアウトです。しかし、本イベントがあるからとパン食べ放題に2回も行ってきたので、カロリー消費のために頑張りたいところ。

 リズムに合わせて全身筋トレをこなした後は、次なるプログラム「GET STYLE」へ。激しい全身運動から、今度は美尻メニューに切り替わります。

地味な動きだけれどお尻に効く! 美尻トレーニング

▲トークがひたすらおもしろいインストラクター、高澤麗さん。

 初めにピンク色のバンドを渡されたのですが、ここで使うものだったのですね。ファッション的なアレかと思い、腕にぐるぐる巻きつけていました。外して、足首へ。ヒップを意識しながら小刻みに歩くだけなのに、すぐにお尻に効いてきます。「地味でしょ? 地味ぃ~~。でも効くの、これが~~」「おしり! おしり! おしり! オシリッ!」。高澤さんの声に笑いそうになりつつ、動きを続けます。たのむ、バキバキの小尻になってくれ……!

 ここでいったん中間発表。いまの総消費カロリーは?

 思ったより達成率が高かったことに驚きです。自分の消費カロリーを見ると、378kcal。数字になって表れると、がぜんやる気になりますね。

後半は本場インドのヨガから始まる

 なにやら厳かな雰囲気……ステージにスーッと現れたのは、YOGA SHOWインストラクターのMr.Tarun。

 スポットライトを浴びながら、強度MAXのヨガポーズを披露してくれました。関節どうなっちゃってるの? というポーズの数々に、周囲から「おお~~」という声が上がります。一般的なヨガポーズに加えて、ヨガでもっとも大切な呼吸法について学ぶことができました。

ダンスで楽しく脂肪燃焼!

 次なるプログラムは、実はひそかに気になっていた「DANCE WORKOUT」。ティップ.クロスTOKYO人気インストラクター・鈴木悠さんと桐林佑衣さんが、クラブ仕様のスペシャルでエモーショナルなレッスンを行ってくれました。

▲漫才のようなトークで会場を盛り上げた、鈴木悠さんと桐林佑衣さん

 ダンスミュージックに合わせて動きを真似します。手と足両方が出てしまいますが、「ミスしても大丈夫! 音楽に合わせて楽しんで!」という声に従い、ノリノリで踊ります。これがまた、気持ちいい! フロアの光や音も重なり、非日常的な時間を楽しむことができました。

ラストの追い込み!

 いよいよ最後の追い込みです。「WORKOUT FINAL」では、小麦色の肌が魅力バツグンの美人インストラクター・遠藤未稀さんも加わり、今まで登場したインストラクターたちが再登場! 合計10万kcal消費に向けてトレーニング総集編が始まります。

 参加者全員の掛け声が響きます。気兼ねなく大きな声を出せるので、「ストレス発散になってる~~!」と謎の快感も得ることができました。インストラクター含め、もはや叫びながら全力ワークアウト。最後の力を出しきり、カロリーを消費するんだ……!

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series