• Facebook
  • Twitter

運動前よりキレイになる、トレーニング後の肌ケア&メイク(前編)【美トレの教室 Vol.1】

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 ランニングやジムトレーニング、汗をかいて本気のトレーニングをしたあとに、乱れた姿は見せたくないですね。出勤前や大事な約束前でもめいっぱい、普段通りのトレーニングができるメイク直し&ヘアアレンジの悩みにスタイリストの美彩さんがお答えします。第一回目は運動後の自然な肌ツヤを生かした、美肌メイク術&知っておきたいテクニック!

トレーニングの美肌効果を逃さない、汗かき直後のスキンケア

 スポーツやトレーニングをした直後は、血行が促進されリンパの流れが良くなり、くすみやむくみが改善され肌がトーンアップ。当然血色がよくなり、自然な肌ツヤが生まれています。その美肌効果を味方に、スポーツ後のメイク直しとケアにテクを加えて、本当のナチュラルビューティを生み出しましょう!

 まずは、汗もメイク落ちもそのまま、運動直後のお顔からスタート。

まずは優しくこすらず、皮脂を取り過ぎないティッシュオフ

 ひどく崩れている場合はクレンジングシートでポイントメイク以外をオフします。あまり崩れていない場合はそのままティッシュオフ。ヨレがある時はティッシュオフ後、使い捨てスポンジやパフなどで肌をなぞり、ヨレをなじませましょう。

《ポイント》
・ティッシュをのせたら優しくプレス。擦らないように、押さえるだけ!
・スポンジやパフは清潔なものを使用しましょう。使い回しは逆効果。
・あぶらとり紙はNG。皮脂を取りすぎてしまい、余計乾燥してしまいます。

肌を裸にしない、潤い追加の化粧水シャワーはたっぷり

 スプレータイプの化粧水を顔全体に浴びさせます、肌から2~30センチ離してスプレーしましょう。市販の化粧水スプレー、細かいミストタイプのものがオススメ! 夏場は冷感化粧水なども◎ お手持ちの化粧水をスプレーボトルに入れてもOKです。

《ポイント》
・肌の水分を蒸発させる恐れがあるアルコールタイプはNG。
・ミストが細くないものは少し上にスプレーして、落ちてきたミストを浴びるような感じで、肌に自然に馴染むような付け方をイメージします

自然な血色を最大限に活かす! ポイントスキンメイク術

 気になる箇所をリキッドファンデーションorコンシーラーで部分的にカバー。筆やチップでファンデをつけた後、指でまわりとポンポンとなじませ、全体にフェイスパウダーを乗せます。

《ポイント》
・普段ファンデーションしっかり目の人は、補正下地&色付きフェイスパウダーがオススメ。
・血色がよくなった肌を隠しすぎないよう。厚塗りで隠してしまうのはもったいない!
・もし顔全体にファンデーションを塗りたい場合はリキッドがオススメ。肌の自然なツヤを演出します。パウダリーファンデーションを使うと皮脂が邪魔して浮きやすくなります。
・マット仕上げにしたい人はルースパウダーでマット仕様に。

ナチュラルスキンメイクは完了。次回は?

 トレーニングでアップしたナチュラル美肌を活かしたスキンメイクが完成しました。では、次回は手早く自然なメイク直し+ポイントメイク追加のテクニックをお伝えします。

 自然なメイクでヘルシーなツヤ感! お出かけも対応のメイクテクは次回をお楽しみに!

【今回の使用アイテム】
・お直しアイテム
ティッシュ、綿棒、ゲルクリーム、ミストタイプ化粧水
・ベースメイク
コンシーラー(リキッドタイプ)、フェイスパウダー、フェイスブラシ

[監修&著者プロフィール]
八重嶋美彩(YAESHIMA MISAI)
代官山のヘアサロンにて、美容師はもちろん、ヘアメイク、着付け、そしてSPAセラピストとして多方面で活躍。スポーツをされるお客様の美容サポートから、自身もスポーツや身体を動かすことが好きでその活動の幅を拡大中

<Text:八重嶋美彩/Photo:YUSUKE YOSHIHIRO>

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード