• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

自分に合ったヨガ教室の選び方 (1/4)

 ゆったりと動きながら体と心を解放できるヨガは、女性を中心に根強い人気を得ています。その歴史は4500年ともいわれ、時代とともに進化を遂げてきました。しかし、ひと口にヨガといってもいろいろな種類があるのをご存知でしょうか? さまざまな条件をふまえて、自分に合ったヨガをみつけてみましょう。

運動能力の有無を問わない豊富なヨガの種類

 ヨガにはさまざまな流派が存在しますが、呼吸とポーズによって運動強度が変わってきます。

●ヴィンヤサヨガ(呼吸と動作を連動させ流れるようにポーズを行う)
●パワーヨガ(ダイナミックな動きやポーズが多い)
●アシュタンガヨガ(ポーズの順番が決まっていて、難易度も高い。呼吸と動作を合わせて動くアシュタンガ・ヴィンヤサスタイルは、後のパワーヨガやヴィンヤサヨガのもとになっている)
●アイアンガーヨガ(体の配置の正しさを追求するため身体の調整効果が高い)
●アヌサラヨガ(身体や心の開放感を重視する傾向)
●クンダリーニヨガ(身体内部のエネルギーを高める)
●ジヴァムクティヨガ(パワフルなポーズで身体的な鍛錬を行う。実践者には菜食主義者も多い)
●イシュタヨガ(自分自身に向き合う)
●ハタ・ヨーガ(広く知られているヨガのルーツ)

 ヨガには、2世紀から4世紀にかけて確立した「古典ヨガ」と、12世紀から13世紀頃に確立した「後期ヨガ」の2つの系統があります。ちなみに日本のお寺で行う座禅は、古典ヨガの流れを汲んでいるそうです。

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード