• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

香りでセルフケア&集中力アップ│ランニングとアロマのナイスな関係 #1 (1/3)

 もっとも手軽に始められるスポーツであるランニング。年に1回以上ランニングをする国内のランナー人口は、なんと約900万人(笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」1998~2014)にものぼります。 東京マラソンなどの大会出場を目標とするランナーが多くいる一方で、趣味として楽しみながら走るランナーも多く、旅先を走る“旅ラン”も話題です。

 そこで今回は、現在進行形で走っている人にも、これから始めようと思っている人にも、誰でも簡単にできて効果的な“香り”を取り入れたオススメのセルフケアを3回に分けてお届けします。

香りで本能を刺激して身体能力向上 

 香りを感じる嗅覚は、ヒトの持つ五感の中でもっとも原始的な感覚で、感情と記憶に関係する大脳辺緑系に直結し、本能にダイレクトに作用します。

 香りによってココロやカラダを癒し、ヒトが本来自然に持っている身体能力を高める手助けをしてくれるアロマ(芳香)テラピー(療法)は、香りで脳を刺激して自律神経をコントロールし、集中力を高めるのに有効です。走る前のフィジカル&メンタルケアにぜひ取り入れて、爽快にランニングをしましょう。

 では、ラン前やランニング中に気分をリラックスさせ、集中力を高めるにはどんな香りがよいのでしょうか。以下は、3つのシチュエーションで効果を発揮してくれる精油です。数種類のエッセンシャルオイルをいくつか試してみて、自分にあったお気に入りの香りを見つけましょう。

【1】ココロを落ち着けて集中力アップに効果的な香り

 ラン前に、コットンやマスクの端など、肌に直接触れない部分に精油を1〜2滴落として深呼吸しながら香りをめいっぱい吸い込みます。緊張を和らげて集中力を高め、気持ちよくスタートすることができます。

《レモン》
 鎮静作用、刺激作用があり、集中力に効果を発揮する精油。気管支炎などや、不眠症にもおすすめ。ただし、光毒性(※)があるので、肌に直接つけてのランニングはNG。マスクやコットンならOK。

《レモングラス》
 分泌刺激作用があり、副交感神経を刺激して気分を落ち着かせてくれるので集中力アップにおすすめ。インド医薬では発熱と感染症などに使われています。

《ローズマリー》
 こちらも分泌刺激作用があり、集中力アップにおすすめ。頭がクリアになるので、受験生の集中力アップにもこれをすすめます。偏頭痛にも。

《ベルガモット》
 抗けいれん作用や鎮静作用があり、動揺によいといわれています。分泌刺激作用もあり、消化器系のトラブルにも有効です。これも光毒性がありますので、注意が必要です。

《オレンジ》
 鎮静作用と加温作用があり、神経の緊張をほぐしてくれます。

《ペパーミント》
 メントールの香りですっきり。強壮作用があるので、乗り物酔いなどにも使われます。深呼吸をすると、かなりすっきりします。

※精油の中には、肌に付いた状態で紫外線に当たると皮膚にダメージを与える光毒性を持つものがあります。光毒性を持つ精油を使用するときは、肌に付けて日光に当たらないように注意しましょう。

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series