• Facebook
  • Twitter

温泉やご当地グルメを満喫。初心者でも楽しめる“旅ラン”のススメ

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 ランニングと聞くと、多くの方がマラソン大会をイメージするのではないでしょうか。近年は全国各地でマラソン大会が増えており、リレーマラソンやファンランイベントなど、その内容も多様化しています。こうした大会は完走後に大きな達成感を得られますし、何より目標を持つことでランニングを継続するモチベーションに繋がるでしょう。

 しかし、ランニングは大会に出なくても楽しむことができます。ここではその方法の1つとして、日頃から私が実践している“旅ラン”についてご紹介しましょう。「大会はちょっと……」とランニングを敬遠している方でも、ちょっと走ってみたくなるかもしれませんよ。

旅ランって、いったい何?

 旅ランは「旅×ランニング」を略したもの。その名の通り「走って旅する」ことですが、具体的には以下2つのパターンが考えられるでしょう。

1.旅行先で走る
⇒家族旅行、あるいは出張などでどこか遠くに赴いた際、空いた時間でランニングする。

2.走るために旅行する
⇒走ることを目的としてどこか遠くへ足を運ぶ。

 走ることが目的なのか、他の目的に走ることを加えているのか。その違いはありますが、いずれも「いつもと違う場所を走る」という意味で共通しています。自身の環境によって、始めやすい方法を選んでみてください。私の場合は家族旅行や出張などで「旅行先で走る」ことが多く、どこか出かける際にはいつもカバンに走れるための装備が。知人には走りたい場所を選んで旅行するという人もおり、いつも羨ましく思っています。

 では、旅ランの何が楽しいのか。それは、見知らぬ土地を自分の足で見て回ることで得られる、さまざまな発見や経験です。歩くよりスピーディーに広い範囲を移動できますし、車などでは見落としてしまう場所も目に入ります。

 例えば交通機関の一切ない秘湯に行ってみたり、気になった路地を進んで探検してみたり。途中でなんとなくランチに立ち寄ったお店が絶品! なんていうこともあるでしょう。以前、旅ランの途中で出会った農家の方と仲良くなり、野菜の収穫を手伝ってその場で食べさせてもらうなんていう経験もありました。

 私のオススメは自然の多い場所。たとえ観光地のない場所だって、目に飛び込んでくる景色のすべてが「来てよかった」と思わせてくれるでしょう。いつもの日常から開放され、心身ともにリフレッシュ! 心の健康にも繋がる気がします。

旅ランの楽しみ方

 回数を重ねていけば、自分なりの旅ランスタイルが確立されてくることでしょう。しかし最初は、準備や旅先での行動など分からないことばかり。ここで旅ランを楽しむためのポイントを4つ紹介しますので、参考にしてみてください。

1.行き先は「行ってみたい」を優先する
 走るために旅するなら、まず行き先を選ぶ必要があります。ここでは、ぜひインスピレーションを大切にしてください。ふと頭に浮かんだ場所、あるいはテレビや雑誌で見て「ここは行ってみたい」と思った場所があれば、迷わず行き先に決定! きっと後悔することはありません。

2.荷物は最小限に留める
 走る際の荷物は、できるだけ最小限にしましょう。バックパックに必須装備だけを詰めて、身軽に出かけます。荷物が重いと疲れやすくなるため、予定より移動できなかった……なんていうことも。不安になる気持ちは分かりますが、「持っていくべきかどうか」と悩んで詰めた荷物は、結局使わないことの方が多いものです。

3.ラン+αの楽しみを見つけておく
 走ることの他に、その土地での楽しみを見つけておきましょう。私の場合、まず温泉を探して旅ランのゴール地点にしています。あるいはグルメスポットをピックアップし、それらを繋いでコースにするのも良いかもしれません。以前、私が沖縄の離島を旅ランした際には、走ってそのまま青い海へダイブしました。目的があるだけで、旅ランの楽しさや充実度が上がります。

まずは身近な場所から始めよう

 旅ランと言っても、遠方へ行く必要はありません。例えば立ち寄ったことのない駅で降りて、その周辺を走ってみる。あるいは自宅から遠くに目的地を設定し、見知らぬ道を走ってみるなど。私はこの方法で、自宅から30km圏内にあるほとんどの温泉施設を回りました。

 ランニングを競技ではなく楽しみとして捉えると、より身近な運動に思えてくるのではないでしょうか。旅ランは大会ではありませんから、もちろん走るペースや距離も自由。仲間を誘っても良いですし、いつ、どこを走っても構いません。もし「行ってみたいけど行ったことのない場所」があるなら、ぜひ旅ランしてみてください。交通機関や車で観光地を巡るのも良いですが、きっと、さらに楽しく充実した時間になりますよ。

[筆者プロフィール]
三河 賢文(みかわ・まさふみ)/“走る”フリーライターとして、スポーツ分野を中心とした取材・執筆・編集を実施。自身もマラソンやトライアスロン競技に取り組むほか、学生時代の競技経験を活かし、中学校の陸上部で技術指導も担う。またトレーニングサービス『WILD MOVE』を主宰し、子ども向けの運動教室、ランナー向けのパーソナルトレーニングなども行っている。3児の子持ち。ナレッジ・リンクス(株)代表

<Text&Photo:三河賢文>

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード