• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 趣味
  • ホットヨガはLAVAかCALDOか。料金や特徴、体験レッスン内容で比較!

ホットヨガはLAVAかCALDOか。料金や特徴、体験レッスン内容で比較!

 美容やダイエット目的として大人気の習い事「ホットヨガ」。今回は大手チェーンの「ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)」と「ホット&シェイプCALDO(カルド)」を比較しながらご紹介します。それぞれの特徴やメリット・デメリットを把握して、あなたに合ったスタジオを選びましょう。

大人気のホットヨガスタジオLAVAとCALDO

 ホットヨガは最近注目されている習い事です。全国に多くのスタジオがありますが、中でも「ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)」と「ホット&シェイプCALDO(カルド)」は大手チェーンでどちらも人気があります。

 このページでは、「安心の大手スタジオでホットヨガを始めたいけど、どっちを選べばいいか迷っている」「スタジオの特徴と、どんな人に向いているかを知りたい」という方のために、料金や設備などの詳しい情報をまとめました。

 いろいろな観点から両者の違いを比較して、一体どっちがおすすめなの? というギモンにお答えしていきますので、ホットヨガのお店選びの参考にしてみてください。

 まずはそれぞれのおすすめポイントを簡単にご紹介します。

◆LAVA(ラバ)はこんな方におすすめ

・毎回安定した質のレッスンを受けたい
・ライフスタイルに合わせて複数の店舗を利用したい
・アットホームな雰囲気が好み

LAVA公式サイトで詳細をチェック

◆CALDO(カルド)はこんな方におすすめ

・リーズナブルな料金で通いたい
・予約不要で気軽に通いたい
・業界初の銀イオンスチームで清潔なスタジオが良い

CALDO公式サイトで詳細をチェック

 それぞれ料金やサービス内容に特徴があります。この記事ではそれぞれの特徴やメリット・デメリットを詳しく解説します!

ホットヨガの特徴

 ところで、ホットヨガってどんなものだっけ……と、思っている方はいませんか? ホットヨガには通常のヨガとは違う、下記のような特徴があります。

ホットヨガとは

ホットヨガとは、室温を38~40℃、湿度を55~65%に調整した空間の中で行うヨガのことを言います。
室温と湿度を上げることで老廃物が排出されるため、ダイエットや美肌効果が期待できます。
筋繊維が柔らかく伸ばしやすくなるので、ヨガ中に筋肉を傷めにくくなる効果もあります。

引用元:CALDO公式サイト「ホットヨガの効果」

 ホットヨガとは、高温多湿のスタジオ内で行うヨガです。体が温まった状態で行うので、体を動かしやすく柔軟性も増すといわれています。また、大量の汗をかくことですっきり爽快! 血行の促進も期待できます。もちろんヨガ本来のリラックス効果や姿勢のゆがみの改善で、より美しい体を目指せます。

 つまり、より美しく健康になりたいなら、ホットヨガはおすすめのエクササイズ法といえるのです。

LAVAとCALDOの店舗数

 LAVAの店舗数は全国41都道府県・370店舗以上を展開しています。ほとんどのスタジオが駅から徒歩3分以内とアクセスしやすいのも魅力。

 CALDOは全国17都道府県・60店舗以上と少なめです。現在、続々と新店舗がオープンしているので、次はあなたの町にもできるかもしれませんね。大都市ならどちらも店舗数が充実していて行きやすい立地にあるので、その他の条件をもとに比べてみて、よりピッタリな方をチョイスしてください。

料金・プランを比較


 やっぱり通う時に気になるのは費用。料金とレッスンプランの違いは重要ですよね。こちらで詳しく紹介します。

●料金プラン比較

   LAVA CALDO

入会金・登録料

入会金 4,630円

マンスリーメンバー登録金 4,630円

→体験レッスン当日の入会でどちらも無料!

新規入会キャンペーンで入会金・事務手数料0円
基本料金

マンスリーメンバー・4
(フルタイムで月4回通える) 
→7,685円~9,537円

マンスリーメンバー・フリー
(フルタイムで1カ月間通い放題) 
→15,093円

マンスリー4 
(フルタイムで月4回通える)
→6,480円~9000円

フルタイム 
(フルタイムで1ヶ月間通い放題)
→9,720円~12,000円

体験レッスン 926円→0円 ※期間限定 980円→0円 ※期間限定
オプション

バスタオルオプションマンスリー
(1レッスンにつき1枚タオルがレンタル可能)
→月額463円
         

水素水オプションマンスリー
(レッスン以外でも水素水が飲み放題!)
→月額1,019円

タオルセット
(1日1回、バスタオル2枚と
フェイスタオル1枚がレンタル可能)
→月額1,000円

水素水プラス
(水素水飲み放題!)
→月額1,000円

公式サイト  LAVA公式HP  CALDO公式HP

 体験レッスンはどちらも1000円以内とお手頃価格です。月に4回通えるプランと通い放題のプランではどちらもややCALDOのほうがリーズナブルで安い傾向にあります。しかし、LAVAもCALDOもオプションプランが充実しています。

 LAVAはマンスリーメンバー・4プラスという、2店舗を選んで自由に通えるプランが用意されています。平日は会社の近く、休日は自宅の近くのスタジオなど使い分けてレッスンを受けることができますよ。

 CALDOはオプション料金でタオルやウェアが毎回レンタルできるプランが用意されています。また、追加料金なしで利用できるフィットネスジムが併設されている店舗や、追加料金で岩盤浴も楽しめる店舗もあります。

 LAVAもCALDOも、店舗によって料金が異なります。今回は新宿と大阪市内のスタジオで比較してみました。

●新宿エリアでの比較

  

 

LAVA新宿東口スタジオ

(最寄駅:新宿駅)

 

CALDO新宿スタジオ

(最寄駅:新宿駅)

入会金・登録料

入会金 4,630円

マンスリーメンバー登録金 4,630円

→体験レッスン当日の入会でどちらも無料!

新規入会キャンペーンで入会金・事務手数料0円
基本料金

マンスリーメンバー・4
(フルタイムで月4回通える) 
→9,537円

マンスリーメンバー・フリー
(フルタイムで1カ月間通い放題) 
→15,093円

マンスリー4 
(フルタイムで月4回通える)
→7,560円

フルタイム 
(フルタイムで1ヶ月間通い放題)
→10,260円

体験レッスン 926円→0円 ※期間限定 980円→0円 ※期間限定
   LAVA公式HP  CALDO公式HP

●大阪エリアでの比較

  

 

LAVA梅田スタジオ

(最寄駅:梅田駅)

 

CALDO天六スタジオ

(最寄駅:天神橋筋六丁目駅)

入会金・登録料

入会金 4,630円

マンスリーメンバー登録金 4,630円

→体験レッスン当日の入会でどちらも無料!

新規入会キャンペーンで入会金・事務手数料0円
基本料金

マンスリーメンバー・4
(フルタイムで月4回通える) 
→8,611円

マンスリーメンバー・フリー
(フルタイムで1カ月間通い放題) 
→15,093円

マンスリー4 
(フルタイムで月4回通える)
→6,480円

フルタイム 
(フルタイムで1ヶ月間通い放題)
→9,720円

体験レッスン 926円→0円 ※期間限定 980円→0円 ※期間限定
   LAVA公式HP  CALDO公式HP

予約方法の違い

 LAVAは専用アプリで空き状況を確認して事前予約が必要です。専用アプリなので簡単操作で手軽に予約ができます。

 CALDOはなんと事前予約必要なし! 有料でウェアやタオルもレンタルできるので、思い立ったときに手ぶらでレッスンに参加できます。予約が不要なのはうれしいですね。

それぞれのメリット&デメリット

◆LAVAのメリット

 LAVAのメリットは何と言ってもその店舗数の多さです。通いやすい立地のスタジオが多いので続けやすいですよ。2店舗自由に通えるプラスワン制度や、出張先などでも通える全店舗通い放題プランがあるのもうれしいですね。ライフスタイルに合わせて自由度の高い通い方ができそうです。

 レッスンプログラムも日本人の体に合わせた幅広い内容が用意されています。食事や生活のことなどを何でもスタッフに相談できるアットホームな雰囲気も魅力の一つ。落ち着いてレッスンに取り組めるスタジオと多様なプログラムで、20代~70代までたくさんの方が通っています。

◆LAVAのデメリット

 LAVAのデメリットは、料金がやや高い点が挙げられます。また、会員数が多いこともあり、夜や週末のレッスンは混雑して予約が取りにくい場合もあります。ホットヨガは大量に汗をかき、締め切った空間で行うためどうしても汗のニオイが気になってしまう場合も……。

 小さめのスタジオが多いので、ロッカールームやシャワールームでは譲り合いが必要です。

◆CALDOのメリット

 CALDOはコスパがとても良いホットヨガスタジオです。ホットヨガに加えて、店舗によって岩盤浴ができたり、ジム利用可能などの充実したオプションサービスがあります。美容やダイエットの心強い味方ですね。

 また、CALDOはスタジオを「赤外線」と「銀イオンスチーム」で温めています。赤外線は体の芯から温めてくれて、銀イオンスチームは細かな粒子がニオイを防ぎ、清潔さを保ちます。

 50人以上の大人数が同時にレッスンを受けられる広いスタジオなので、予約不要で気軽に立ち寄れるのもポイントですね。

◆CALDOのデメリット

 デメリットは、店舗数が少ないことです。職場や自宅の近所のスタジオのほうが通いやすく、長続きしますよね。

 また、プログラム内容がインストラクターによって異なるため、レッスンの質に差があります。同じプログラムでも、指導するインストラクターの個性が表れるため、毎回安定したレッスンを受けたい方には不向きかもしれません。

まとめ

◆こんな方はLAVAがおすすめ!

・安定した質の高いレッスンを受けたい
・会社と自宅の近所など、複数の店舗を利用したい
・アットホームな雰囲気が好き

 LAVAはCALDOに比べるとやや料金が高い分、インストラクターの安定した質の高い指導がうけられます。また、2店舗以上に通えるプランがあるので平日は会社の近く、休日は自宅の近くなど便利に通えます。

 インストラクターになんでも相談できるアットホームな雰囲気も魅力です。「私にもできるかな…?」という心配とも無縁ですね。

LAVA公式サイトで詳細をチェック

◆こんな方はCALDOがおすすめ!

・リーズナブルな料金で通いたい
・予約不要で気軽にレッスンを受けたい
・銀イオンスチームで清潔なスタジオがいい

 CALDOは店舗によってフィットネスジムが併設されていたり、別料金で岩盤浴が利用できるなど、コスパの良さが魅力です。レッスンも予約なしで、思い立ったときに立ち寄れるので気軽に続けられますね。

 赤外線と銀イオンスチームで温められたスタジオは、銀イオンの効果で清潔に保たれ、お肌のうるおい効果が期待できるのも魅力的ですね。

CALDO公式サイトで詳細をチェック

 今回は大手ホットヨガスタジオチェーンのLAVAとCALDOの比較ポイントについて説明しました。これからホットヨガを始めてみたい、という初心者の方でも、この2ブランドなら安心してチャレンジできます。あとは好みの問題。

 それぞれ違った特徴があるので、自分に合った店舗を選ぶには、体験レッスンに参加するのがベストな方法。料金などの条件はもちろん、利用者の評判(口コミや感想)までいろいろ調べてみても、結局最後は自分のフィーリングに合うかどうかが重要です。スタジオの雰囲気を実際に肌で感じてみてください。

<Text:編集部>

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -