• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

令和初戦の結果はいかに?陸上競技選手の“所属先事情”とは?│寺田明日香の「ママ、ときどきアスリート~for 2020~」#26 (2/2)

陸上選手の所属先って? 実業団とは?

 今回出場したレースは“実業団選手権”なるもので、各選手の所属となっている団体が実業団登録をしている場合に出場できる大会でした。

 陸上競技選手の所属は基本的に学校(通っている高校や大学など)、卒業後は実業団(各企業が選手と社員契約をして所属させるかたち)がほとんどです。なので、今大会以外の大会でも、プログラムなどに記載される選手の“所属”は、企業名が多くを占めています。

 逆に、たとえばフィギュアスケートや水泳は、指導してもらいたいコーチがいるクラブチームで練習し、所属先もそのままそのクラブチーム名になることが多いです。

 “実業団”と一口に言っても、選手によって形態は違います。

【1】マラソンや駅伝のように、企業ごとに陸上部を持ち、専任の監督やコーチを雇い、その企業に所属する選手たち全員が所属の監督とコーチに指導を仰ぐパターン
【2】選手数も監督もいるけれど、選手ごとにコーチや練習拠点が違うパターン
【3】所属選手は少なく(若干名)、コーチやトレーナーなどは別に仕事を持っており、選手の競技をプロジェクト化しているパターン

 ちなみに、私の場合、第1次陸上選手期(北海道ハイテクAC時代)は【1】、現在は【3】です。

 選手が所属先を探す方法としては、大卒の就活生と同じように就活をして、内定企業で競技活動の許可を得ているか、JOCのアスナビ(選手と企業のマッチングプロジェクト)、知り合いのツテや、自分から企業にアピールをしてサポートをしてもらうなど、さまざまです。

 私が今回の陸上競技への復帰にあたって、現在の所属先である株式会社パソナグループにご縁をいただいたきっかけは、ラグビーを始めたときにパソナグループでの就活支援イベントにて「4足のわらじでキャリアを切り拓く方法」というタイトルで講演をさせていただいたことでした。

 現役選手だから競技に集中したい! と思うのは、私を含め現役選手のみなさん誰しもだと思うのですが、サポートしてくれる企業側も選手を抱えるメリットデメリットを考えています。

 ご縁があってサポートをしてもらっている以上、選手自身が所属企業に与えられるメリットを考え、「あ、この選手をサポートしてよかった!」と思ってもらえるような選手になることが重要だと思っています。

 今回、陸上競技選手に復帰するにあたってはたくさんの方々のサポートが必要でした。自分をPRするための資料をつくりスポンサー各社の方にお話・交渉をしました。賞金で食べて行けるほど陸上競技(特にトラック種目)はお金が回っているわけではないので、こうした個人の努力が必要になってきます。

 2020年の大舞台まであと1年。すでにお世話になっているスポンサーのみなさまとのご縁はもちろんのこと、新たなに生まれるご縁も大切にしながら頑張ります。

[プロフィール]
寺田明日香(てらだ・あすか)
1990年1月14日生まれ。北海道札幌市出身。血液型はO型。ディズニーとカリカリ梅が好き。小学校4年生から陸上競技を始め、小学校5・6年時ともに全国小学生陸上100mで2位。高校1年から本格的にハードルを始め、2005~2007年にはインターハイ女子100mハードルで史上初の3連覇。3年時には100m、4×100mリレーと合わせて同じく史上初となる3冠を達成。2008年、社会人1年目で初出場の日本選手権女子100mハードルで優勝。以降3連覇を果たす。2009年世界陸上ベルリン大会出場、アジア選手権では銀メダルを獲得。同年記録した13秒05は同年の世界ジュニアランク1位だった。2010年にはアジア大会で5位に入賞するが、相次ぐケガ・病気で2013年に現役を引退。翌年から早稲田大学人間科学部に入学。その後、結婚・出産を経て女性アスリートの先駆者となるべく、「ママアスリート」として、2016年夏に「7人制ラグビー」に競技転向する形で現役復帰した。同年12月の日本ラグビー協会によるトライアウトに合格。2017年1月からは日本代表練習生として活動した。2018年12月にラグビー選手としての引退と陸上競技への復帰を表明。再び陸上競技選手として、2020年東京オリンピックを目指す。

◎所属企業:株式会社パソナグループ
◎主な記録:100mハードルU20日本記録保持者(13秒05=2009年世界ジュニアランキング1位)/100mハードル日本高校歴代2位(13秒39)/100m:11秒71

【今後のスケジュール】
・6月27日(木)~30日(日):日本陸上競技選手権大会@福岡・博多の森 陸上競技場
・9月27日(金)~10月6日(日):世界陸上競技選手権@カタール・ドーハ

【関連URL】
◎公式サイト https://asuka-terada.jp/
◎公式Facebook https://www.facebook.com/Asuka.Terada.official/
◎Twitter https://twitter.com/terasu114
◎Instagram https://www.instagram.com/terada_asuka/

<Text & Photo:寺田明日香/Edit:アート・サプライ>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series