• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

青山学院大学駅伝チームとコラボした、ランナー向け膝サポーター登場

 ピップ株式会社は、青山学院大学陸上競技部 駅伝チームとコラボしたひざ用サポーター「プロ・フィッツ ひざ用サポーター青山学院大学 駅伝チームモデル」を、12月29日(火)よりAmazon限定で予約受付開始すると発表しました。

激しい動きでもズレにくく、ムレにくいサポーター

 「プロ・フィッツ ひざ用サポーター青山学院大学 駅伝チームモデル」は、今年4月から“プロ・フィッツ”ブランドキャラクターを務める青山学院大学陸上競技部の原晋監督をはじめ、青山学院大学 駅伝チームと共同で開発した商品です。

 3D動態解析技術を用いた解析により、生地が複数のエリアに配置。皮膚の動きにあわせて樹脂プリントの密度が代わり、伸縮率を調整します。ひざの動きに追随し、激しい動きでもぴったりフィットしてくれる点も魅力です。

 口ゴム部分にはナノファイバー素材、両サイド上下にはコイルボーンが配置。上下左右からズレを抑制してくれます。また、約0.6mmという薄さでごわつかず、スポーツ時も動きを妨げない生地が採用。表面の滑りがよく、ウェアとの摩擦も少なくなるように設計されています。本体カラーは、青山学院大学駅伝チームを象徴する「フレッシュグリーン」がイメージ。

 同商品には選手たちも高評価。高橋勇輝選手は、「サポーターは僕の中ではぶ厚いイメージがありましたが、プロ・フィッツサポーターは非常に薄くて、走っているときにも邪魔にならず走りやすいと感じました」とコメント。飯田貴之選手は、「プロ・フィッツサポーターは着けても気にならなくて、曲げやすい感覚もあるので、ランニングするときにとてもオススメできると思います」としているほか、近藤幸太郎選手は「ひざが保護されている感じがあるので、プロ・フィッツをオススメします!」と、それぞれ商品の魅力を語っています。

 「プロ・フィッツ ひざ用サポーター青山学院大学 駅伝チームモデル」の価格は税込2,180円。来年3月下旬から商品出荷が予定されています。サイズは、M、L、LLの3種展開。

初コラボを記念したキャンペーンも!

 なお、初コラボを記念して、12月29日(火)から「青学応援キャンペーン」も展開。

 プロ・フィッツTwitter公式アカウント(@ProFits_pip)をフォローし、ハッシュタグ「#青学頑張れ」「#プロフィッツ」をつけて青山学院大学駅伝チームへの応援メッセージを投稿すると、抽選で3名に原晋監督直筆サインが当たります。

▼Amazon限定で予約受付中
https://amzn.to/37TbShA

<Text:辻村>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新