• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 疲れている人にやってあげよう。疲労回復を助ける「下半身ストレッチ」のかけ方

疲れている人にやってあげよう。疲労回復を助ける「下半身ストレッチ」のかけ方 (2/2)

ステップ1 中臀筋ストレッチ 

 下半身の筋肉を伸ばす前に、お尻の横にある筋肉「中臀筋」のストレッチを行うのがおすすめです。このストレッチで股関節のつまりを取ると、動かしやすくなります。  

 ヒザを股関節の真上に固定し脚をねじるように、10秒ほどを目安に伸ばしましょう。

ステップ2 大殿筋ストレッチ

 次に、お尻の筋肉である「大殿筋」ストレッチです。片脚あぐらをかいているように膝を曲げ、そのまままっすぐ押すと大殿筋が伸びます。

 下に押し付けるように伸ばそうとすると、股関節が詰まってしまうので押す方向に気をつけてください。

 「真ん中」「外」「内」の3方向に20秒ずつ伸ばしましょう

ステップ3 ハムストリングストレッチ

  最初に行ったSLRテストと同じです。仰向けに寝て片足を持ち上げ状態から、まっすぐ押すように伸ばします。このとき、押し付けるように伸ばさないようにしてください。

 「真ん中」「外」「内」の3方向に、20秒ずつ伸ばしましょう。

 ステップ4 ふくらはぎストレッチ  

 足の親指の裏「母趾球(ぼしきゅう)」とかかとを持ち、かかとを持っている方の前腕で押して足首を曲げふくらはぎを伸ばします。こちらも、下方向ではなく水平方向に伸ばしましょう

 10秒×3回目安です。 

パーソナルストレッチの効果をSLRテストで再チェックしよう

 一連のストレッチで、かなり変化を実感できるはずです。今回ストレッチした女性は、SLRテストで75度だったのが100度ほどになりました。また、施術前後を比較すると、「脚が軽くなった」という感想が出ることも多いでしょう。ぜひパートナーと取り組んでみてください。

[筆者プロフィール]
赤堀達也(あかほり・たつや)
1975年・静岡県出身。脱力反射理論・体幹理論・コーディネーション理論の3つを融合した運動理論と、奇抜ながらも論理的な指導で育成を得意とし、幼児~大学生の全年代を一貫指導してきた。専門のバスケットボールでは小学校・中学校・大学でヘッドコーチとして指揮を執り、体力テスト最低水準校で県大会優勝する。最高戦績は全国準優勝。無名の小学校・大学でも全国の舞台で強豪校と渡り合う。2019年度より旭川大学短期大学部准教授として、この三大理論を北海道に普及できるよう研究や活動を行う。
[HP] https://mt-a.jimdo.com

Text:赤堀達也/Photo:Getty Images>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新