• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

「怒り」は体にどんな影響を与える?スポーツと怒りの関係(前編) (1/2)

 ビジネスをはじめ、スポーツの世界でも注目されている「アンガーマネジメント」。怒りの感情をコントロールして上手に付き合っていくための手法として、社員研修などでも積極的に取り入れられています。テニスのロジャー・フェデラー選手も1997年より継続的にアンガーマネジメントを学ぶことで、その成績を大きく伸ばしました。国内ではプロゴルファーの片山晋呉選手、元Jリーガーの前園真聖氏なども、アンガーマネジメントを学んでいるようです。

 では、そもそも怒りの感情はどのように身体に作用するのでしょう。パフォーマンスを上げるのか? それとも下げるのか? 怒りをコントロールする術を紹介する前に、まずは脳科学の見地から、スポーツと怒りの関係を見ていきます。

怒りによって肉体のパフォーマンスは向上する

「怒るということは動物の本能なんです。敵に襲われて戦うとき、あるいは逃げるときも全力ですよね。生存するためには絶対に必要な本能です」

 そう説明するのは自然科学研究機構生理学研究所の柿木隆介教授。同氏によると人間が怒りの感情を覚えたとき、脳からは「ノルアドレナリン」と「アドレナリン」というホルモンが分泌されているそうです。

「ノルアドレナリンは脳に作用して、怒りの感情をピークに持っていく物質です。別名、“怒りホルモン”などといわれますね。それに対してアドレナリンは身体に作用して、筋肉と心臓の働きを向上させて、身体能力を高めます。人間のすべての細胞が必要とする酸素とブドウ糖は血液で運ばれています。つまり、心拍数が増え、血圧が高まるということは、それだけたくさんの血液が流れるようになるということ。戦うときには身体のパフォーマンスを上げる必要があるので、血圧も脈拍も上がっているんです」

 スポーツとは個人競技、対人競技を問わず、基本的に戦いといえます。“身体能力とモチベーションを高めた状態を保つ”という点では、怒りはスポーツにとってプラスの要素として働くこともあるということ。マンガやアニメで主人公が怒りによってパワーアップする描写がよく見られますが、脳科学の見地からは合理的な描写といえるでしょう。

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード