• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 子育て
  • スポーツが得意すぎてどれもすぐ飽きてしまう。中学校に行く意味を見出せなかった。アメリカンフットボール栗原嵩(前編)│子どもの頃こんな習い事してました #9

スポーツが得意すぎてどれもすぐ飽きてしまう。中学校に行く意味を見出せなかった。アメリカンフットボール栗原嵩(前編)│子どもの頃こんな習い事してました #9 (3/3)

最初は、アメリカで暮らすためにアメリカでプロスポーツ選手になろうと思ったんですが、バスケやサッカーは小さいころからやっているやつがたくさんいるから勝てない。今から始めて活躍のチャンスがあるスポーツはなんだろうと考えたら、ラグビーだったんですね。それで「ラグビーをやってみようか」と考えていたころ、たまたま深夜のNFL(アメリカ最高峰のプロアメリカンフットボールリーグ)の番組を見たんです。見た瞬間、自分のなかにビビッときた。「これが俺の生きる道だ」と。

そこからです、まじめに学校に行き始めたのは。勉強をめっちゃがんばりました。高校に行かないとアメフトができない。欠席、遅刻が3ケタあるから推薦は取れない。勉強して進学しないといけない。でも、すでに中3の途中。それまでまったく勉強していないから必死ですよね。塾に通わせてくれと親に頼んで、1日10時間くらい猛勉強しました。人生でいちばん勉強したかも。それくらいアメフトがやりたかった。3校受験して、なんとか1校だけ受かりました。

――まず、アメフトを習ってみようとは思わなかったのですか。実際にやってみたら自分に合わないということもあるかも。

当時は、アメフトは基本的に高校から始めるスポーツだったんです。関西に小学校からやっているところもいくつかありますが、全国的にはほとんどない。最近はアメフト界もジュニアの育成をしようと、タックルなしのフラッグフットを小中学生に広めようとしたり、Xリーグのチームがクラブチームを持つことも徐々に増えてきましたが、僕のころはなかった。

それにとにかく、ドンピシャだったんです。スーパーボウル(アメリカ最大のスポーツイベント、NFLの優勝決定戦)で国歌斉唱するときに、屈強な大男たちが涙を流しているんですよ。あの光景を見たときに、こんなかっこいいスポーツはないと思った。自分に合っているかどうかとか、成功できるかどうかなんて考えてない。考えるヒマもないですよね。とにかくアメフトがやりたい、この道を行くしかない、という思いだけでした。

――一見、遠回りしているような中学時代ですが、本当に自分がやりたいことを見つけるための時間だったんですね。

そうですね。後悔はしていません。ただ、中2、中3は伸びる時期なので、あの時期に運動をしていればもっと伸びたかなと思うことは少しありますが、アメフトに出会えたので後悔はありません。

[プロフィール]
栗原嵩(くりはら・たかし)
1987年生まれ。東京都出身。駒場学園高等学校から法政大学を経てパナソニックインパルスに入団。2013年IBMビッグブルーに移籍。日本人初のNFL入りを目指し、2013、14年とボルティモアレーベンズのルーキーキャンプに招待される。2016年アメリカンフットボール東日本社会人選手権(パールボール)でチームを優勝に導き、自身もMVPに輝く。現在もプロアメリカンフットボーラーとしてXリーグで活躍する傍ら、法政大学、東京大学でコーチも務めている。お笑いコンビ「ブリリアン」のコージとは大学時代のチームメイト。コージがキャプテン、栗原が副キャプテンを務め、現在もお互いを応援し合う仲だという。妻はモデルの栗原ジャスティーン。所属事務所:株式会社ディンゴ https://dingo.jpn.com/

《取材・撮影協力》
Vita@stile
東京都中央区月島1-14-7 旭倉庫1F
https://vita-stile.com/

<Text:安楽由紀子/Edit:丸山美紀(アート・サプライ)/Photo:小島マサヒロ>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新