• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

小3から始めたソフトボールに熱中。得意だった水泳をあっさり辞めました。埼玉西武ライオンズ・源田壮亮(前編)|子どもの頃こんな習い事してました #29 (1/2)

 スポーツ界の第一線で活躍しているアスリートに、幼少期の習い事について訊く連載。自身の経験を振り返っていただき、当時の習い事がどのようにその後のプレーに活かされたか、今の自分にどう影響しているかを伺います。

 第29回は、埼玉西武ライオンズのショート、2020年シーズンから新キャプテンとしてチームを率いることになった源田壮亮選手。小学3年生のときに、2歳年上のお兄さんと一緒にソフトボールを始めたという源田選手は、水泳教室でも有望視され、水泳の選手をめざすように言われたそうです。スポーツ全般が得意だったそうですが、どんな子どもだったのかを聞きました。

やりたいことをやらせてもらった子ども時代

――小さい頃の習い事を教えてください。

体力づくりのため、水泳に小学校に入る前から水泳を習っていました。水に顔をつけられない頃から始めたので、だいぶ小さい頃ですね。5年生くらいまで通っていました。小学3年生からはソフトボール。地域には野球チームはなく、ソフトボールのチームがあって、2歳上にお兄ちゃんと一緒のタイミングで入りました。スポーツはその2つです。

――スポーツ以外は何か習っていましたか。

小学校のときに公文や書き方教室に通っていました。お兄ちゃんの友だちでソフトボールチームの仲間が公文に行っていて、平日のソフトボールの練習に遅れてくるんです。なぜかそれが「かっこいいな」と思って(笑)、「ぼくもくもんにいきたい」と言って始めました。やりたいことはやらせてもらいましたね。中学校の時は塾にも行っていたし。

――幼い頃から続けていた水泳はかなり得意だったそうですね。水泳選手をめざそうとは思いませんでしたか。

まったく思わなかったです。水泳教室で本格的に水泳選手をめざすかどうかという話になったときに、「そっちに行ったらソフトボールができなくなるので」と、あっさり水泳教室を辞めました。個人競技は向いてないなと思って。みんなで楽しくやるスポーツのほうが好きなんです。だから水泳教室でほめられてもそんなにうれしいという感じもなかった。いつも「キツいなあ」と思っていました。

サッカーも習いたかったけど未練はありません

――スポーツは得意でしたか。

得意ですね。野球以外の球技も得意。サッカーチームに入りたいと思った時期もありました。サッカーは今でも好きです。卓球も好きです。

――サッカーチームに入らなかったのはなぜですか。

完全にお父さんの影響です。お父さんは野球が大好きで、夜は必ず野球中継を見る家でした。サッカーもやりたかったですけど、自然と野球に興味が向くようにお父さんがしていたんだと思います。実際にソフトボールを始めてみたら楽しくて熱中しましたし、それからは野球中継も楽しく見られるようにもなりました。なのでサッカーに未練はありません。

――水泳を始め、いろいろなスポーツの経験は野球に役立っていると思いますか。

⋯⋯。「役立ってる」と言ったほうがいいですか(笑)。自分でははっきりわからない。無駄ではなかったとは思います。

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード