• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

【アクセスランキングTOP10】2019年11月に人気だった記事 (1/2)

 スポーツ×ライフスタイルWEBマガジン「MELOS-メロス-」で、2019年11月に公開し、人気だった記事を10位までピックアップ。先月は「筋トレ+有酸素運動で脂肪燃焼アップ。サーキットトレーニングの効果とポイント」が1位に輝きました。今月はどの記事が上位にくるのでしょうか。

10

 ランナーにとって、上半身を支える体幹は、足の筋肉と同じくらい重要な部位です。体幹はランニングフォームを一定に保ち続ける役割をもち、疲れを蓄積させず長く走るための土台となります。本記事では、ランナーのための体幹トレーニング10種類が紹介されています。

記事を読む:1種目1分。10種類の「体幹トレーニング」でランニングフォームの崩れを防ぐ 

9

 宮藤官九郎さん脚本によるNHKの大河ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~』にて東京都知事・東龍太郎(あずま・りょうたろう)を演じた、俳優の松重豊さんのインタビュー記事が9位にランクイン。脚本や共演者に関するエピソードについて語っています。

記事を読む:松重豊インタビュー「日本人はどこか、田畑政治のような人を好きな気がするんです」(いだてん)

8

 家でも簡単にできる筋トレのひとつ、スクワット。下半身の筋肉を鍛える効果が期待できます。今回は自重スクワットに慣れてきた上級者におすすめの「バーベルスクワット」のやり方を解説します。

記事を読む:バーベルスクワットを種類別に解説。鍛えられる部位、正しいフォーム、重量と回数

7

 ジムに通い始めたころは何もかもが初めてで、マシンの使い方が間違っていたらどうしよう、なんて心配があるかもしれません。こちらの記事では筋トレマシンの正しい使い方やフォームを解説しています。これからジムに通おうと思っている人は、予習がてら読んでみてはいかがでしょうか。

記事を読む:ジム初心者におすすめの筋トレマシンは?ありがちなNGフォームと対処法をトレーナーが解説

6

 腕立て伏せは、腕や肩のトレーニングというイメージが強いかもしれませんが、体幹を鍛える効果もあります。40回以上の腕立て伏せを行うことができる男性は、10回以下しかできない男性に比べて心血間疾患リスクが96%低くなるという研究結果も。腕立て伏せトレーニングのモチベーションが高まってきませんか?

記事を読む:「腕立て伏せ(プッシュアップ)」は毎日やっていい?二の腕にもっとも効くフォームは?トレーニングを効果的に行うポイントを解説

5

 スクワットに飽きてきた人におすすめしたい自重筋トレ、ランジ。ランジはスクワットのように足を横に広げて行うのではなく、足を前後に開いた姿勢で股関節や膝関節の曲げ伸ばし動作を行うエクササイズです。ベーシックなやり方と、負荷を高めたものを紹介します。

記事を読む:下半身を鍛える自重筋トレ「ランジ」の効果と正しいやり方

4

 筋トレ民なら、積極的に摂取したいサプリの中に、BCAAとEAAがあります。どちらもアミノ酸を摂取するためのサプリメントであり、名前もなんとなく似ています。しかし、決定的な違いは何なのでしょうか。専門家に聞きました。

記事を読む:最近よく聞く「EAA」ってなに?「BCAA」との違いは?コナミスポーツクラブの管理栄養士が解説

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード