• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 趣味
  • ライザップのプロテインチョコ、ダイエット中のお菓子としておすすめなのか|編集部のヘルシー食レポ

ライザップのプロテインチョコ、ダイエット中のお菓子としておすすめなのか|編集部のヘルシー食レポ

 ダイエット中でも甘いものが食べたくなるときはあります。我慢し続けられる人はいいのですが、ストレスもダイエットの大敵。とくにリバウンドでドカ食いしてしまう人は、こまめにお菓子食べたい欲を解消することが大事です。

 選びたいのは、低カロリーでたんぱく質が多く、糖質と脂質が低いお菓子。今回はコンビニで買える「ライザップ5Dietプロテインクランチチョコ」をチョイスしてみました。味や栄養素、原材料をレポートします。

「ライザップ5Dietプロテインクランチチョコ」の特徴

 最大の特徴は、1袋あたりたんぱく質15gが含まれているという点でしょう。プロテインのたんぱく質量が1杯あたり約15~20g前後なので、軽いプロテイン並みです。

 また、糖質が11g前後と低めです。チョコレートなので脂質は12g前後と高めですが、原材料にカカオマスやココアバターが多く含まれている点と、高たんぱく質・低糖質という点で相殺しました。GABA(ギャバ)も少量含まれていますね。ボディメイク中のストレスを軽減してくれることを祈ります。

味はおいしい?

 普段プロテインバーを食べているからか、こちらのクランチチョコはもう完全にお菓子! 多少感じますが、チョコレートの代用品として申し分ないおいしさでした。噛み応えも固いザクザク感があり、噛む満足感も得ることができます。ダイエット中でなくても、たんぱく質が摂取できるこちらのチョコレートに手が伸びそうです。

 少しずつ食べることを想定したお菓子だとは思いますが、気がついたら完食。カロリーや糖質を気にするより、この一気食いの精神をどうにかしたほうが、ダイエット成功の近道では……。

原材料と栄養成分

《ライザップ5Dietプロテインクランチチョコ ビターテイスト》
原材料名:
大豆パフ(大豆たん白、タピオカ澱粉)(アメリカ製造)、カカオマス、砂糖、ココアバター、粉末状大豆たん白、全粉乳、イヌリン/香料、乳化剤、ギャバ、炭酸カルシウム、(一部に大豆・乳成分・アーモンドを含む)

栄養成分(1袋43gあたり):
エネルギー 222kcal
たんぱく質 15g
脂質        12.5g
炭水化物  11.7g
└糖質   9.6g
└食物繊維 2.1g
食塩相当量 0.6g
GABA   10㎎

《ライザップ5Dietプロテインクランチチョコ キャラメルテイスト》
原材料名:
大豆パフ(大豆たん白、タピオカ澱粉)(アメリカ製造)、ココアバター、砂糖、粉末状大豆たん白、全粉乳、植物油脂、脱脂粉乳、イヌリン/香料、乳化剤、カラメル色素、ギャバ、炭酸カルシウム、(一部に大豆・乳成分を含む)

栄養成分(1袋43gあたり):
エネルギー 227kcal
たんぱく質 15g
脂質      12.7g
炭水化物  11.3g
└糖質     11g
└食物繊維 0.3g
食塩相当量 0.7g
GABA   10㎎

どこで買える?

 ファミリーマートなどのコンビニや、スーパー、ドラッグストアなどで1袋237円(税込)で販売されています。公式オンラインサイト「ライザップコレクション」でもまとめ買いできます。

<Text & Photo:編集部>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新