2024年2月7日

“歯を白くする方法”が知りたいトレーニーへ。美白ハミガキの選び方やホームケア、おすすめ歯磨き粉をサンスターに聞いてきた

白く光る歯はマッチョのたしなみ。ホワイトニングを頑張る人も少なくないですが、お金も時間もかかるのは事実。まずはドラッグストアなどで買える美白ハミガキから試してみようかな……とお悩みのトレーニーへ。気になる着色汚れにフォーカスしたホームケアを、オーラルケア製品を多数展開するサンスターに聞いてみました。

まずは知っておこう! 歯の黄ばみ、なぜ起こる?

まずは、歯を黄色く見せてしまう原因から探っていきましょう。

「歯の黄ばみの原因は幾つかありますが、代表的な原因のひとつとしてステイン(着色汚れ)があります。これは、食べものに含まれるポリフェノールが歯の表面を覆っている唾液成分と結合したもので、毎日の飲食によって徐々に蓄積され、やがて目に見えるようになっていきます。ステインは一度蓄積してしまうと、水で口をすすいだり、ブラッシングしたりするだけでは簡単に落とせない曲者なので、日々のケアが重要です」

コーヒーやワインをよく飲む人は色がつきやすいという話や、喫煙者は着色汚れが気になると言った話はよく聞きます。日常生活の積み重ねが歯に着色汚れを定着させてしまうのですね……。もともとの歯の色に戻したいですが、実のところ、歯の色は生まれつき個人差があります。

「歯は真っ白なものだというイメージがあるかもしれませんが、実は違います。歯は黄色みがかった象牙質の上を白色で半透明なエナメル質が覆う二層構造をしており、少し黄色みがかった白色をしています。象牙質の色やエナメル質の厚さは生まれつき人によって違うので、歯本来の色は人それぞれです」

歯の色 カラーチャート

生まれ持った歯の色があるため、たとえ着色汚れがすべて落ちたとしても、真っ白な歯というわけにはいかないようです。しかし、着色汚れをとるだけでも随分と印象は異なってきます。

芸能人のような真っ白な歯は歯科医院での施術によるものが多いですが、市販の美白ハミガキによるセルフケアでも、歯本来の白さに近づけることはできます。

「歯の色は、ハミガキを用いて表面に付着したステインを丁寧にブラッシングすることで、歯本来の白さに近づけることはできます。歯本来の白さ以上に白くしたい場合は、歯科医院を受診し、自分に合った方法を選択することをおすすめします」

ちなみに美白ハミガキ剤を選ぶ際には、“清掃剤”が配合されているものがおすすめとのこと。基本的に清掃剤の配合されていない製品だとステインの除去機能は期待できないそうです。

また、ハミガキ剤の中にはステインを落とすだけでなく付きにくくするものもあるので、ワインやコーヒーなど着色汚れがつきやすい嗜好品を嗜む人は、そうしたものを使用して、歯本来の白さをキープするのもよいとしています。

「ステインの原因となるポリフェノールは、普段口にする食べ物や飲み物にも多く含まれています。たとえばコーヒーや紅茶、緑茶、チョコレートやカレー、調味料では醤油や味噌など。ポリフェノールを含む食べ物を摂取しない食生活を送るのは難しいため、毎日こまめなケアでステインを蓄積させないことが大切です。1日1回ではなく、毎食後のブラッシングをおすすめします」

サンスター担当者が選ぶおすすめアイテム

ora2 歯磨き粉名称:オーラツー プレミアム ステインクリア ペースト[プレミアムミント、アロマティックミント、シャイニーシトラスミント]
商品特徴:ワンランク上のステインケアで、ステイン(着色汚れ)をこれまで以上にきめ細かく落とすだけでなく、歯面を丁寧にみがきあげることで、白くつややかな歯にします。
容量:100g
価格:440円(税込)

正しいブラッシングの方法

せっかく美白のためのハミガキを使っても、みがき方が雑だと本来の効果は実感しづらくなります。

「歯本来の白さを保つためには、できる限り磨き残しのないよう、日々ブラッシングを行うことが大切です。ブラッシング時は鉛筆を握るように持ち、毛先が広がらないくらいの適切な力でみがくことを心がけましょう。ハブラシを常に小さく動かし、一本ずつ丁寧にみがきつつ、部位に合わせてブラシの向きを変えながら磨くとより効果的です」

歯の磨き方

個人談をひとつ。歯科医院に行くと、自身に合うハブラシのサイズを教えてくれるのですが、コンパクトなものを勧められたため変えてみたところ、奥歯のさらに奥まで届き、1本ずつ磨きやすい実感がありました。キワ部分の着色汚れもスッキリ! ハブラシの形状や柔らかさだけでなく、サイズにも着目してみるとよいかもしれません。

記事協力
サンスター https://jp.sunstar.com/

<Text:編集部>