• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

子どもの「運動が苦手……」を解消!身体をバネのように弾ませる「バネトレ」の基本

 運動神経は幼少期の運動環境で決まると言われることがありますが、自分の子どもには何か運動させたいと考えている親御さんは少なくないでしょう。巷では、さまざまな児童向けのトレーニングやスポーツが取り上げられています。

 その中で、「バネトレ」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

 バネトレは、子どもの運動神経やセンスが身に付くことで話題となっているプログラム。いったいどのような内容なのか、ここで詳しく見ていきましょう。

身体をバネのように弾ませ、運動神経を向上させる

 公式ホームページによると、バネトレについて以下のように説明されています。

『身体をバネのように上手く弾ませる感覚』を身に付け、運動神経・センスを向上させるトレーニングプログラム

 最近はスマホやゲームの普及、遊び場の減少などが原因で、子どもが外で遊ぶ姿が少しずつに減少している印象を受けます。子どもの体力・運動能力の低下が問題視されていますが、本当に運動能力を向上させることが可能ならば、これほど嬉しいサービスはありません。

 そもそも運動神経とは、頭で思い描いた通りに身体を動かすことを指します。つまり運動音痴な人は、「身体の使い方がわかっていない」と言い換えることが可能でしょう。バネトレは身体をバネのように弾ませて身体の使い方を学び、運動神経を向上させようというプログラムになっています。

運動マジ嫌いライターが運動音痴から脱却するための秘訣を脳科学者に聞いてみた | 健康×スポーツ『MELOS』

バネトレの基本はたった1つ

 「身体のバネを使う」と聞くと、何やら難しい動きを連想してしまうかもしれません。しかし実際の動きは以下2点と、いたってシンプルです。

1. カタチを止めて
2. 筋肉を揺り動かす

▲バネトレチャレンジ動画「バネジャンプ」 ダイジェスト

 上の動画で解説されていますが、確かにピョンピョンとバネのように身体を弾ませていることが分かります。しかし一見すると簡単そうでも、身体の使い方が分かっていないと難しいもの。小さいお子さんだと、自然にできる子とできない子に分かれてしまいそうです。

 中にはバネトレを見て、「これが本当に運動能力の向上に役立つのだろうか?」と疑問に思う方もいるかもしれません。しかし、普段私たちが行う運動は、これら基本動作の組み合わせによって成り立っています。基礎を覚えれば、スポーツに応用することも可能。より効率的に身体を動かすことになり、運動神経の向上につながるとされています。

 バネトレの創案者は、スポーツ動作分析専門家の池上信三さん。筋肉をバネのように使い、バネのように身体を動かすことで、あらゆる運動のパフォーマンスアップを図る独自の理論「プライマリーモーション」を確立した人物です。さまざまなスポーツの動作指導を行っており、数々の著書やDVDが発売されています。

 そして2017年7月には、「いつでも自宅で運動センスを磨くことができる」と銘打ち、株式会社MASTER BODYと株式会社HATHMが共同で開発した動画配信サービスが開始されました。毎月送られる7分間の動画を観て実戦することで、運動するために必要なバネ感覚が身に付くプログラムとなっています。コースは「バネトレオンライン・ベーシック」(月額2,980円)と「バネトレオンライン・アドバンス」(月額3,980円)の2つから選ぶことができ、希望に応じてパーソナルトレーニングも受け付けているようです。

 お子さんの運動神経向上に、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

《参考サイト》
・バネトレ 公式サイト https://www.banetore.com/
・バネトレ〜キッズ運動センス向上トレーニング〜 https://banetore-movie.com/

《 子ども向けスポーツ体験教室「芝浦キッズ」のおしらせ 》

子どもの運動は、独自ではなかなかうまくできない。そんなお悩みを持つ親御さんや先生なんかにもおすすめしたいのが、子ども向けスポーツイベントを運営する、株式会社EPARKスポーツの「芝浦キッズ」です。

◆「芝浦キッズ」とは?
「芝浦キッズ」は、東京都港区芝浦にて行われている、キッズ向けスポーツ体験教室です。もちろん港区以外の人もたくさん参加しており、なかには遠方から参加されるご家族も。

◆「芝浦キッズ」の特徴は?
「芝浦キッズ」はただの子供向けスポーツ教室ではありません! ここでしか体験できないスポーツが満載なのです。かけっこ・フライングディスク・タグラグビー・なわとび・鉄棒(体操)など、体育で必須の定番種目から、運動が苦手な子どもも楽しめるスポーツまで揃えています。

しかも、指導者はプロ中のプロ。そのスポーツの第一人者や現役選手、有名スポーツメーカーのアンバサダー、本場経験を持つ指導者など、指導の「質」にこだわっています。

さらに、参加者にはアンケートを実施し、いただいた生の声を次回開催に活かすといった、イベントへのフィードバックを大切にしています。

詳細はこちらをクリック

※EPARKスポーツでは、子どもたちに多くのスポーツを体験していただくための会員制キッズスクール「EPARKスポーツキッズクラブ」を開催しています。3,240円の年会費をお支払いいただくことで、さまざまなスクールの中からお好きなプログラムを選んで、参加費の都度払いでご参加いただけます。年会費には1年間のスポーツ保険を自動付帯!万が一のお怪我や事故にも安心です。詳しくはこちら

お申し込みは先着順。どのイベントも人数限定となりますので、お申し込みはお早めに!

<Text:松永貴允/Photo:Getty Images>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series