• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

筋トレは思春期以降が効果的?筋肉の観点から見た“子どもにふさわしい運動”とは (1/2)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 子どもを将来スポーツ選手にしたいと思い、頑張っているお父さんやお母さん。小さい頃から運動させることは賛成なのですが、きちんと適した運動をさせているでしょうか。子どもと大人は単に体の大きさが異なるというだけでなく、中身も異なります。そのため、子どもには子どもの運動のさせ方があるのです。今回は筋肉の観点から、子どもにふさわしい運動についてお伝えします。

覚えておくべき2つの基礎知識

 まずは、基礎知識を2つ確認していきましょう。

1)筋肉には「速筋繊維」と「遅筋繊維」がある

人の筋肉は繊維状からなり、筋繊維と呼ばれます。この筋繊維には、大きく分けて「速筋繊維」と「遅筋繊維」があります。速筋繊維の特徴は、一瞬だけですが、大きな力を発揮するという点です。無酸素運動でよく使われます。これに対して遅筋繊維の特徴は、小さな力を長時間発揮し続けます。そのため、有酸素運動でよく使われる筋繊維です。

 ちなみに、「速筋繊維だけ」「遅筋繊維だけ」で構成されている筋肉は少なく、ほとんどの筋肉は速筋繊維と遅筋繊維が混在して筋肉を形成しています。

2)筋肉が成長する時期について

 思春期にグンと身長が伸びることがあるでしょう。この身長の伸びは「思春期発育スパート」と呼ばれるいわゆる第二次性徴期で、ホルモンの分泌と関係しています。そして身長が伸びるとともに、筋肉がつきやすい体へと変化していくのです。

 第二次性徴期以降は速筋繊維も発達するようになります。しかしそれより前は、速筋繊維はあまり発達せずに、おもに遅筋繊維を使って体を動かしています。つまり思春期より前は、遅筋繊維の発達を促すような有酸素運動系の運動が効果的です。しかし骨がまだ弱いため、同じ動作を繰り返すような有酸素運動では、同じ骨に繰り返し負担がかかってしまい、よくありません。そこで、さまざまな動作を自然と行う「運動遊び」がとても有効となるのです。そうすることで遅筋繊維だけでなく、神経の発達にもつながってきます。この神経は、5歳までに9割が完成するといわれています。

関連記事:「運動遊び」が子どもの発達や健康のカギを握る4つの理由

 子どもと一緒に体を動かして遊んでいた際、大人の方が先に力尽きて動けなくなってしまったという経験はないでしょうか。また、子どもが「疲れた」と言って一緒に休んでいても、子どもの方が先に復活してまた走り回っているといこともあるかもしれません。これは、大人は速筋繊維を使いながら動いていますが、子どもは遅筋繊維をおもに働かせて動いているからです。大人からすると「また遊んで! しっかり練習やトレーニングしなきゃダメだ」と思うような運動遊びでも、子どもにとっては立派な練習・トレーニングになっているのです。

遅筋線維を発達させるには?

 それでは、遅筋繊維を発達させるような運動遊びはどんなものがあるでしょうか。姿勢に関わる筋肉は、遅筋繊維の割合が多くなっています。そのため、体勢が変わるような遊び(マット遊び・アスレチック・親子遊びなど)は、特に小さい頃に効果的です。

 また、これらの遊びは肩や股関節にあるインナーマッスルをよく使います。そして、このインナーマッスルも遅筋繊維の割合が多い筋肉です。小さい頃から運動遊びをしている子は、インナーマッスルも上手に使えることが多いでしょう。

関連記事:
“体幹遊び”で子どもの運動能力を伸ばす!体幹を鍛えるコツと指導方法
子どもと一緒に遊ぼう!運動不足を解消し、親子関係をよくする遊び4選

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード