• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

運動マジ嫌いライターが運動音痴から脱却するための秘訣を脳科学者に聞いてみた (1/3)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 今、皆さんがご覧いただいている「MELOS」という媒体は、日々スポーツとライフスタイルにまつわるさまざまな記事を配信しています。私もいくつか記事を執筆していますが、実は運動音痴・運動大嫌いライターなんです!

 運動音痴エピソードは数知れず、跳び箱は3段まで、逆上がりは人生で一度もできたことがなく、50m走は10秒台、ドッジボールは避ける競技、後転ができるようになったのは16歳……。

 しかし、「MELOS」を通じてスポーツの楽しさを生き生きと語ってくださるみなさまを見て、『私も運動してみたい…!』という気持ちが湧いてきたのです。同時に30歳を過ぎてから、肩こり、腰痛、疲れが取れない、痩せない…など、運動をしない弊害が体にあらわれ、健康問題も気になっています。しかし、運動嫌い、運動音痴はまず何から着手すればいいのでしょうか。

 そこで、運動音痴に関する著書や研究を多数発表されている柳原大さん(東京大学・生命環境科学系准教授)に運動音痴にまつわるあれこれをお伺いしました。

運動音痴はいない!? 失敗が成功の元とは

――早速ですが、運動ができる人と私のような運動音痴がいるのはなぜでしょうか。

そもそも運動音痴な人はいないと考えています。確かに、多少練習しただけで運動をうまくこなせる人はいます。しかし、それは過去の経験に裏打ちされているからであって、運動神経の良さは遺伝的な要因は見つかっていません。

運動を学習している……つまり練習量がどれだけあるかで、運動ができるかできないかが決まってきます。

――ということは私を含めて運動音痴の人は練習量が足りないということでしょうか?

次ページ:運動音痴の人は練習量が足りない?

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード