• Facebook
  • Twitter

【懐かしのスポーツ回顧録 #2】戦後日本で爆発的ブームを巻き起こしたフラフープ

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 かつて人気だった懐かしいスポーツや遊びにフォーカスして紹介していく本企画。第2回目は、近年ではダイエットツールとして密かに注目を集める「フラフープ」のお話です。

▶リフレッシュしたい! 全国のヨガ・ピラティス教室を探す

爆発的ブームは1958年。日本中で大流行!

 フラフープは、腰に通して身体を前後あるいは左右に振って回転させて遊ぶシンプルなおもちゃ。1958年にアメリカで大流行していたフラフープが、同(昭和33)年10月に日本に上陸するやいなや、たちまち日本中を席巻。都内各デパートには早朝からフラフープを求める人々で長蛇の列ができたそうです。

 販売価格は大人用が270円、子ども用は200円で、当時のラーメン一杯が40円だったというから、決して安い買い物ではないにもかかわらずの大ブーム。日産2万本のフラフープは、1ヶ月で80万本が売れたのだとか。美容と健康によいとの宣伝文句から、老若男女にかかわらず、子どもたちは路上や広場で学校で、大人は職場で昼休みに腰をフリフリ、この単純で愉快なフラフープ遊びに興じました。

 アッという間に日本中に広まったフラフープですが、ブームの終焉はあっけなくやってきます。発売からわずか1ヶ月後の11月、都内の15歳の少年がフラフープの使用によるとされる胃穿孔で重体となる事態が発生。さらに横浜や神戸でフラフープ遊びをしていた子どもが車に轢かれる事故が起き、その後千葉県では少年3人がフラフープ中に腸捻転などの内臓障害を引き起こしました。さらに、遊戯中にフラフープのつなぎ目が外れて目を突く事故なども重なり、警察庁や厚生省が問題視。千葉県東金市の小学校がフラフープ禁止令を出したことが新聞で報道されると、全国の小学校でも同様の措置がとられて一気にブームは沈静化してしまいます。

 各地で競技大会が開催され、フラフープを題材にした日活映画の公開やフラフープ・ソングまでもが発売されるほど日本中を熱狂(!?)させたフラフープムーブメントは、たった40日足らずで幕を閉じたのでした。

2000年代。海外セレブがダイエットに活用してブーム再燃!?

 フラフープの世界的大流行からちょうど50年後の2008年、フラフープ再ブームの予感がアメリカからやってきます。ビヨンセやアンジェリーナ・ジョリー、ケイト・モスといった海外セレブたちが、産後のウエストラインシェイプやトレーニングの一部にフラフープを取り入れた「フラフープ・ダイエット」を行ったのがそのキッカケです。

 実は、フラフープ再燃のきざしは、2000年に入った頃からはじまっていました。アメリカのロックバンドのステージで、ダンサーがフープを回し、バンドメンバーがフープを観客に配って人気を博したのです。

 その波はすぐさま日本にも到達し、都内ではフラフープ教室が開講され、2012年には日本初のフラフープとダンスを組み合わせたフープダンスの全国大会が開催されました。

 50年前、ブーム終息のキッカケを作った千葉県東金市では、2010年にフラフープを使った新しい競技「EGフラフープバトル」を同市発の新スポーツとして発信し、毎年11月に世界選手権を開催しています。フラフープが身体に悪いという科学的根拠のないウワサを信じ、当時のブームを終わらせたことへの反省を込めて生み出した競技なのだとか。ちなみに「EG」とはイーストゴールド、つまり東金の英訳。また、同市中央公園にはフラフープの鎮魂と再燃を願った「フープ塚」が建てられています。

フラフープはダイエット&健康ツールとして今も健在!

 フラフープをキーワードにネット検索すると、約2,230,000件がヒットします。そのほとんどが「ダイエット」「健康」「体幹を鍛える」「ウエストのくびれをつくる」など、シェイプアップと健康のためのツールとして活用する情報です。

 現代のフラフープは、リング状のシンプルな形状こそ昔と変わりませんが、いくつかのパーツに分かれた組み立て式になっていたり、トレーニング効果を高めるために重さが調整できたり、LED搭載で光るフラフープだったりと、大人のためのダイエット&健康ツールとして進化していました。

 もちろん、昔遊んだような子ども用のフラフープが消滅してしまったわけではないので、大人用と子ども用のフラフープを用意すれば、親子で楽しむこともできます。(あ、今の子どもたちの親世代の方々には「昔遊んだ」というフレーズはあてはまりませんね!)子どもと一緒にぜひ、フラフープに挑戦してみましょう!

〈参考サイト〉
・毎日新聞社/昭和毎日「フラフープ大流行」
http://showa.mainichi.jp/news/1958/10/post-4113.html
・フープ東京
hooptokyo
・日本フープダンス協会
http://japan-hoopdance.com/index.html
・ 東金市観光協会
https://www.toganekanko.jp/

▶リフレッシュしたい! アウトドアスポーツを探す

<Text:京澤洋子(アート・サプライ)/Photo:Getty Images>

【お知らせ】
EPARKスポーツが主催する秋のスポーツイベント!
キッズボルダリング体験、Reebok ONE アンバサダーによるスペシャルランニングレッスンなど、
ここでしか体験できないスポーツイベントです!
お申し込みは先着順!どのイベントも人数限定となりますので、お申し込みはお早めに!
>>お申し込みはこちら<<
https://sports.epark.jp/event_groups/1

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード