• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • トレーニング
  • 腹筋ローラーの効果と使い方|初心者向けに解説!回数とやり方、おすすめ器具

腹筋ローラーの効果と使い方|初心者向けに解説!回数とやり方、おすすめ器具 (1/7)

効率的に腹筋を鍛えることができるエクササイズ器具「腹筋ローラー(アブローラー)」。腹筋トレーニングのなかでも比較的負荷が高いものの、効果も出やすいトレーニングです。

とくにお腹を割りたい男性や、お腹まわりを引き締めたい女性に人気です。

正しい使い方で鍛えることで、シックスパックを手に入れることも夢ではありません。しかしやり方を間違えると、手首や腰に負荷がかかって腰痛の原因になるなど、ケガの危険性もあります。

今回は、腹筋ローラーの正しい使い方とトレーニング方法、効果を高めるコツや注意点について解説します。

腹筋ローラーの基本の使い方

  1. 両サイドについたグリップを両手で握る
  2. おへそを見るように背中を丸めながら、まっすぐ押していく
  3. 元の位置までゆっくりと引き戻す

両膝を床につけて、グリップをしっかりと握ります。固い床の場合は、膝の下にマットなどを敷いても構いません。

ローラーを前方に転がしながら、体を前方にゆっくり伸ばしていきます。筋肉に効かせることが大切なので、スピードを上げようとしないでください。

これ以上伸ばせないという地点まで来たら、伸ばしたときと同じスピードを保って元の位置に戻ります。これを繰り返しましょう。

動画でもフォームと動きをチェックしてみましょう。

レベル別:腹筋ローラートレーニング

限界までローラーを押した後、筋力がない人はまず引き戻すことができません。そのため、使用する人のレベルによって方法が変わってきます。

ここでは、初心者から上級者までのレベルに応じた方法を紹介していきます。

初級編:膝をついて押すだけ

通称「膝コロン」と呼ばれる方法です。腹筋ローラーを引き戻すのが難しい場合は、そのまま前に倒れ込みます。

 この際、しっかりと腹筋を意識して、別の箇所に力がいかないように注意しましょう。

次は中級編! ローラーを転がしてから引き戻すパターンです。

ランキング

  • 最新

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -