• Facebook
  • Twitter

【スポーツで婚活! #2】バスケットボール婚活に参加してみた

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 ライター・momo(25)が爽やかスポーツマンとの結婚を夢見てスポーツ婚活に挑むこの企画。第2回はバスケットボール婚活に参加してみました。はたして無事マッチングできるのでしょうか?

前回の婚活の反省を活かす!

 第1回のフットサル婚活はマッチングにいたらず、少なからずショックを受けました。一体なにが悪かったのだろう……。前回の自分を振り返ってみた結果、今回は3つの点に気をつけてチャレンジしてみようと思います。

(1)自己紹介は笑顔で!
 当然といえば当然なのですが、男性が回転寿司のように入れ替わりで自己紹介に来るため、徐々に疲れてきてしまい、後半は笑顔を保つ心の余裕が……。何人もの人と話してきたにせよ、相手にとっては初対面の女性。ブスっとしていたらいい印象は与えられませんよね。

(2)試合に積極的に挑む
 前回はあまり得意ではない競技だったこともあり、途中から試合に対して消極的になってしまいました。やっぱり一生懸命物事に取り組む人は輝くはず! 今回は積極的に挑んでいきます。

(3)相手の名前を覚える
 こちらも当然のことですが、これが本当に難しい。自己紹介タイムが短いため、なかなか相手の名前が覚えられません。相手も同じだと思いますが、やっぱり名前を覚えてもらえるとうれしいもの。せめて気になった相手の名前だけでも覚えようと思いました。


バスケコンの参加人数に驚愕

 今回も同じくWebから応募。この連載は「スポーツ」婚活なので、2回目も王道のスポーツであるバスケットボールを選択しました。筆者が最後にバスケットボールに触ったのは、何年前だったか……。動けるか本当に不安。次回はのんびり釣りとかしたい……。

 不安がっていても時は経ち、バスケットボールコン当日がやってきました。会場は足立区にある某体育館。この日は雲ひとつなく快晴で、気温もSo Hot! こんな日にバスケをしたら蒸し焼きになるんじゃなかろうか。

 会場に到着し、受付を済ませて更衣室に向かいます。室内ではかなりの人数の女性が着替えています。「人数多くない……?」などと考えつつ着替えが終わり、参加者は少し広めの部屋に集められました。おっと、男性もめちゃくちゃいる! そう、今回のバスケットボールコン、参加人数がとっても多かったのです。

20人と自己紹介タイム

 参加者は男女ともにおおよそ20人程度はいるようです。一抹の不安を感じながら番号順にならび、スタッフさんの説明を聞きながらプロフィールカードを記入。プロフィールカードは、自己紹介時に話題に困らないように詳細に記入します。

 カードの記入が終わり、次は自己紹介タイムです。そう、20人もの男性と自己紹介をする時間がやってまいりました。持ち時間はひとり1分。スタッフさんの合図で一斉に会話がスタート!

 あ、相手の声がぜんぜん聞こえない……! 心が折れそうでしたが、笑顔をキープして懸命に声を張り上げます。前回同様、男性は日常的にスポーツをしている人が多いようです。また、男性はひとりで参加している人が多く、女性は友人と参加している人が多い印象でした。

参加者は経験者ばかり

 今回、練習なしで即試合に突入。同性メンバーは固定で、1試合ごとに異性のメンバーをチェンジしていきます。バスケットボールは通常1チーム5人で構成されますが、この日は全体の人数が多かったため、1チーム6人〜8人で組むことに。私は運よくバスケ経験者の女性と同じチームになることができました。明るくチームをまとめてくれるAさんと、強烈なパスを繰り出すBさんです。

 男性チームと合流し、再度軽く自己紹介。「あだ名で呼びあおう!」というAさんの提案で、各々いつも呼ばれているあだ名を名乗ります。これってなんだか部活っぽい。青春っぽい!!

 1試合4分で試合がスタート。男性陣はさすがの動きですが、女性も今回はみんな上手。どうやらバスケットボールコンは、学生時代にやっていたという方がけっこう参加されているようです。

勝ち負けは関係ナシ!

 試合相手とチームメイトの動きに圧倒されながらも必死で食らいつく筆者。初心者だからか、チームメイトが積極的にボールを回してくれます。「ゴール前で待ってて!」と言われ、指示通りゴール前で待っているとボールをパスされました。これは……シュートのチャンス!

 運良くシュートを決めると、チームメイトがハイタッチしにきてくれました。試合はそのまま終了。「勝った!」と思い得点板を確認すると、なぜか0-0のまま。そう、誰も得点をカウントしていなかったのです。でも、スポーツ婚活で重要なのは勝ち負けではなく、いかに楽しんで参加者と交流できるかが重要なので、問題ナシ!

いい感じの相手を発見

 ほかのチームが試合をしているときは休憩時間で、チームメイトと会話を楽しみます。パスの仕方がわからず、隣にいた男性・Cさんに相談すると、休憩時間にもかかわらず丁寧にパス練習を教えてくれました。Cさんは明るく爽やかで、会話も絶妙におもしろい。すっかり試合を楽しんでいた私ですが、参加した目的を思い出しました。

 チームチェンジを重ねて合計6試合を終えたあとは、この日の暑い気温もあいまって、汗ダクダクのヘトヘト。もう家に帰りたいといった気持ちですが、この後はフリートークの時間です。

反省が生かされてひと安心

 ひと息つき、自己紹介をした部屋に集合してフリートークタイムです。5分×3回で、同じ相手とのトークはNG。1回目、2回目はなんとなく近くにいた人たちと会話を楽しみました。「一緒にバスケットボールやスポーツを楽しむパートナーが欲しい」、「バスケットボール観戦を一緒にしたい」など、参加理由はさまざま。なかには「実家から出たいけどタイミングを逃しているから、いっそ結婚すれば家を出られると思って」という、バスケはまったく関係ない理由の人もいました。

 最後のフリートークタイムは、優しくパスを教えてくれたCさんに接近。「お酒が好き!」という共通の話題がきっかけで会話が盛り上がり、いい感じの雰囲気に。「自己紹介のときの笑顔がよかった」とも言われ、前回の反省が活きたことに内心ガッツポーズをキメました。

なんとマッチングしてしまいました

 最後のマッチングタイムになり、迷わずCさんの番号をカードに記入。しばらくして、結果が書かれたカードがスタッフさんから配られます。はたして今回はマッチングできるのか……!?


 本人がいちばん驚いたのですが、なんとマッチングしてしまいました。ポカーンとしているうちに婚活パーティーが終了。Cさんがやってきて、「今度飲みに行きましょう」と話しつつ連絡先を交換しました。

 マッチングしてしまったので連載終了? かと思いきや、そうはいきません。飲みに行く約束も果たさないまま、Cさんとは連絡が途絶えてしまいました。鉄は熱いうちに打てと言いますがその通りで、当日飲みにいったり、多少会話を重ねておかないと話すネタがなくなり、メールの頻度も徐々に減少。結果、F.O.してしまうのでした。

 初めてつかんだチャンスを逃してしまい、またフリダシに戻った私。運命の爽やかスポーツマンに出会うまで、まだまだスポーツ婚活の旅は終わりません。

<Text & Illustration:momo+アート・サプライ>

■取材協力:ゼクシィ縁結びPARTY(共同開催:ベストパートナー)
http://zexy-en-party.net/

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード