• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

森山未來ロングインタビュー。いかにして稀代の落語家を演じるのか[いだてん] (1/6)

 日本人初のオリンピアンとなった金栗四三と、1964年の東京オリンピック招致に尽力した田畑政治を描いた、宮藤官九郎さん脚本によるNHKの大河ドラマ『いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~』。マラソンで名を上げる金栗四三(演:中村勘九郎)の活躍はもちろんのこと、落語家になることを夢見る美濃部孝蔵(演:森山未來/若き日の古今亭志ん生)の成長物語からも目が離せなくなってきました。

 いよいよ第13回「復活」(NHK総合/3月31日20時放送)では、美濃部孝蔵が初高座に挑みます。この放送に先駆けて、都内では森山未來さんを囲んだ合同インタビューが行われました。語られたのは、美濃部孝蔵を演じるうえでどのように古今亭志ん生を分析したか、演出の井上剛さんと大根仁さんとの関係、ビートたけしさんが演じる古今亭志ん生、そして第13回の見どころについて、などなど。森山さんが発する言葉の端々から、自身の役柄について深く考察して撮影に臨んでいる森山さんの姿が感じとれました。ほぼノーカットでお届けします。

[プロフィール]
森山未來(もりやま・みらい)
1984年生まれ、兵庫県出身。幼少時よりジャズダンス、タップダンス、クラシカルバレエ、ストリートダンスなどを学ぶ。1999年、「BOYS TIME」(演出・宮本亜門)で本格的に舞台デビューの後、映画、テレビドラマなど、数々の作品に出演。近年ではダンスパフォーマンス作品にも積極的に参加し、2013年秋より文化庁文化交流使として1年間イスラエルに滞在、インバル・ピント&アヴシャロム・ポラック ダンスカンパニーを拠点に、ベルギーほかヨーロッパ諸国にて活動。いだてん・チーフ演出の井上剛さんが手がけた『その街のこども』(NHK/のちに『その街のこども 劇場版』が映画作品として劇場公開)で主演。また、いだてん・演出の大根仁さんが監督を努めた深夜ドラマ『モテキ』(テレビ東京系)、『モテキ』(映画版)では主演を務める。

[第13回「復活」のあらすじ]
意識がないままホテルに運ばれていた四三(中村勘九郎)は、日射病だった。いつもお世話をしてくれてきたダニエルに案内され、自分がコースからはずれてペトレ一家に助けられた行程を改めてたどる四三。そして、マラソンを共に戦ったポルトガルのラザロ選手も日射病で死去した事実を弥彦(生田斗真)に聞かされる。命を懸けて監督を全うした大森兵蔵(竹野内 豊)や安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)の「頑張れ」の思いを胸に、四三は再び走りだす。同じ様に、孝蔵(森山未來)は緊張と戦いながら、落語「富久」を演じ、完走はできないまでも目を見張る才を見せる。

古今亭志ん生は、空想と史実の間のような存在

――第13回の見どころについて。

孝蔵の目線でドラマを振り返ると、(橘家)円喬(演:松尾スズキ)に弟子入りし、車夫として過ごし、三遊亭朝太という名前をもらい、初高座を迎える。真面目に取り組みたいけれど、気持ちの弱さがあり、緊張もある。そもそも一筋縄ではいかない性格なので、果たして、高座は成功するのだろうか、という部分が見どころになります。

ストックホルムと東京で距離はありますが、四三さんがマラソンを走っている瞬間とリンクする部分もあり、精神的に近づくと言うか、2人の人生が瞬間的に重なります。孝蔵(志ん生)のドラマにおける存在意義を、ここで感じていただければ、と思います。

―――第13回では、初高座で演目「富久」を演じるシーンが描かれます。

ネタバレになるので詳しくは言えませんが、酔っぱらいの勢いと熱量と、初めて高座に上がる緊張感と。結局は変な突破の仕方をするわけですが、エネルギーで魅せられればと思いました。

――酒に酔ったまま「富久」をする。どんな演技を心がけたか。

もう、勢いに任せています。ドラマでは細く長く、孝蔵がストーリーに関わってきます。でも、その間は描かれない。気が付いたら弟子入りしていて、気が付いたら高座に上がることになる。話がボンボンと飛んでいく。ボクは資料も読んでいるので、間のことも分かるけれど、そんなこともドラマ全体の中では重要でない気がしていて。

宮藤官九郎さんは志ん生が大好きなんですよね。この人でドラマが作れるくらい、エピソードも豊富にご存知で。でも今回は、各時代の金栗四三、田畑政治をつなげるフックとして孝蔵を使っている。使いたいタイミングでね。だから孝蔵のイメージを掘り下げて、繊細に積み上げていくというよりも、各出演シーンでどれだけ跳ねられるか、フックとして役に立てるか、の方が大事だなと考えています。

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード