• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

SUPER☆GiRLS・渡邉幸愛&石丸千賀×バレエ特別対談(前編)│アイドルと、スポーツと、青春と。#26 (1/2)

 スポーツにガチで打ち込んだ経験を持つアイドルに、その思い出や競技の魅力について語ってもらうインタビュー連載「アイドルと、スポーツと、青春と。」。

 今回話を伺うのは、2020年に結成10年目を迎える人気アイドルグループSUPER☆GiRLSの渡邉幸愛さんと石丸千賀さんです。ふたりはクラシックバレエの経験者。渡邉さんは約10年の経験があり、石丸さんはロシアの超名門バレエアカデミーへの留学経験があります。

 前編では、バレエをはじめたきっかけなどについて話を聞きました。

クラシックバレエ経験者に共通すること

——今回は、クラシックバレエ経験者のおふたりに対談をしてもらいます。ふたりともとても姿勢が良いですが、バレエ経験者は立ち振舞いを見ただけでわかったりするのでしょうか?

[石丸]わかりますね。例えば、歩いてるときにガニ股になっている人は、そうなのかなって思います。

[渡邉]確かに。バレエでは、足が内側を向いちゃうのはダメなので、常に外側に向けるんです。他には、踊るときに指先まで気を使ってキレイな表現をしている人は、経験者なのかなって思いますね。

——お互いを見て、バレエ経験がパフォーマンスに活きていると感じるポイントはありますか?

[石丸]幸愛ちゃんは、ジャズダンス要素が強い曲でのターンが美しいです。バレエ経験者は軸がぶれない独特のターンをするんですよ。『片想いのシンデレラ』という曲のラストで、センターの阿部夢梨に魔法をかけるシーンがあるんですけど、そのターンがすごくキレイです。

[渡邉]ちかぴ(石丸)は、ロシアの名門校に留学していたガチのレベルなので、全体的な動きにバレエの雰囲気が出ています。体の使い方がすごく丁寧で、隅々まで神経が通っているように感じます。しかも立ち姿も綺麗で、インスタグラムにはバレエのポーズで撮った写真をたくさんアップしてるんです。いろんな場所でポーズをしてるのがシュールなんですけど(笑)。ぜひみなさんにも見てほしいです。

ふたりそれぞれのバレエとの出会い

——次に、おふたりがバレエをはじめたきっかけをお聞きしたいと思います。まずは渡邉さんから。

[渡邉]私はお姉ちゃんがはじめたときに、一緒に教室に入りました。週に5回、学校が終わったあとにお母さんに車で送ってもらって。毎回3時間くらいのレッスンを受けてましたね。

[石丸]私は2歳の頃、テレビでロシアのバレエ学校の特集を見て、「やってみたい」って言ってたらしいんです。その後、お誕生日プレゼントということで、3歳から通いはじめました。幸愛ちゃんと同じように、毎回3時間くらいのレッスンを受けてたんですけど、自分の番が終わっても、スタジオの端っこに体育座りをして、ずっと練習を見続けているタイプでした。もうバレエが好きすぎて、帰りたくなかったんですよ。小学生になった頃からは、高校生のお姉さんたちと一緒に練習をするようになりました。

——飛び級のような感じですね、すごい。コンクールにも出ていたんですか?

[石丸]小学校3年生から出れるのもあるので、全国を飛び回って、1年で20回くらいコンクールに出ていました。出場したコンクールで入賞しなかったことはないんですけど、上位はなかなかとれなくて……。NBAというコンクールで3位になったのが、唯一の上位入賞です。

——年に20回というと、2週間に1度はコンクールに出ていたんですね。

[石丸]コンクールの予選と決勝があるので、その合間を縫って、別の予選に出るんですよ。その他に発表会もあって、今振り返ってみるとかなり大変だったと思います。

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード