• Facebook
  • Twitter

北海道のスポーツ施設「つどーむ」には、なぜランナーが集まるの?

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 いよいよ冬を間近に控え、一部ではすでに雪が降った地域もあるようです。積雪のある地域では、ランナーにとって悩ましい時期ではないでしょうか。国内で寒い地域といえば、やはり思い浮かぶのは北海道。積雪地向けのランニングシューズを履くなど、冬場には「いかに走るか」とさまざまな工夫が行われているようです。

 そんな北海道において、積雪時期になると大勢のランナーが集まるランニングスポットがあります。それが、今回ご紹介する『つどーむ』です。『つどーむ』はトレーニング室や屋内アリーナ等のあるスポーツ施設であり、『さっぽろ雪まつり』をはじめとしたイベントにも利用されています。ではいったい、なぜ“ランナー”が集まるのか。その秘密ついてご紹介しましょう。

▶楽しく走る! 全国のランニング・マラソン教室を探す

室内を走れる400mトラック

 積雪時期になると、この『つどーむ』へ大勢のランナーが集まる理由。それは、室内にランニングできる400mトラックが設けられているからです。つまり天候や積雪状況に関わらずトレーニングが可能。そのため、外が走れない冬場に多くのランナーが訪れます。

 走ることができるのは、アリーナ周辺の2階部分に設けられたトラック。1周400mとなっており、室内のため温かいのも大きなメリットです。真ん中には球技スポーツやイベント等に利用される広いスペースが設けられ、とても開放感があります。

 コースは外側から「ウォーキングレーン」「追い越しレーン」「走行レーン」に分かれています。これならペースに関わらず、皆さん安全に走ったり歩いたりできることでしょう。実際、ぐるぐるジョギングする方からスピード練習に取り組まれる方まで、いろんなランナーの姿が見られるそうです。なお、走行レーンの足元は、タータンのようなゴム質になっていました。

 走る方向は“反時計回り”と決まっていますので、くれぐれも逆走しないようにしましょう。特に混雑時は、ランナー同士の配慮が大切です。

 ちなみに、ランニングコースの利用は一般が390円、高校生は230円となっています。室内トラックは珍しいので、学生も走りに訪れるのかもしれません。まずは、受付で利用券を購入してから走りましょう。

ランニングの拠点としても活用できる更衣&シャワー室

 ランニングするからには、やはり更衣室とシャワーがほしいとこと。『つどーむ』にも、ちゃんとスペースが用意されていますのでご安心ください。

 ロッカーは大きめの荷物も入るサイズ。仕事帰りや出張時などでも安心です。更衣スペースは広々していて、着替えも余裕を持って行えるでしょう。ただしロッカーは有料(100円・返却なし)ですのでご注意ください。

 洗面台も綺麗でした。なお、手洗い石鹸はありますが、その他にドライヤーなどの備品はありません。必要なものは持参してください。

 もちろんシャワーも完備。ただし、こちらもシャンプーやボディソープなど備え付けではありません。また、シャワーは有料ですがお金ではなくコイン制。利用する方は、あらかじめ受付に申し出てコインを購入します。シャワーは1コイン(=100円)で6分使用可能です。

 つまりロッカー&シャワーを利用してランニングコースを走る場合、全部で590円が必要。それでも、比較的リーズナブルと言えるのではないでしょうか。

滑走路に沿って走る『丘珠緑地公園』ランニングコース

 それでも、やはり晴れた日なら外を走りたい!という方は、すぐ近くにある『丘珠緑地公園』を走ってみましょう。新しく整備された公園で、最長で約6kmの周回コースを走れます。

 入口は2つ。私は南東側から入りましたが、入口まで約1.5kmありました。北西側なら約1kmでコースに入れます。コースを通じて繋がっていますので、好きな方を選んでください。

 新しいだけあり、コースはとても綺麗です。遊んだり散歩したりしている方はいるものの、コース上は自転車禁止。思いっきり走ることができるでしょう。どこまでも広がる空を眺めながら走ると、とても清々しい気分になります。

 各所に距離表示が設けられているので、GPSウォッチを持っていない方でも問題ありません。こちらを目安に、インターバル走やペース走など行うのも良いのではないでしょうか。

 最大のポイントは、丘珠空港の滑走路に沿って走れること。タイミングが良ければ、すぐ真横を飛行機が飛び立っていきます。ついテンションが上がり、全力で飛行機を追いかけてしまいました。まるで自分も、空港内を走っているかのようです。

 室内にランニングコースを持ち、すぐ近くに気持ちいいランニングスポットもある『つどーむ』。走った後は、広々したラウンジスペースで休憩するのも良いでしょう。札幌市内で走る場所に困った際には、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。なお、『つどーむ』は地下鉄東豊線・栄町駅から徒歩約10分と、アクセスにも優れています。

[施設情報]
つどーむ
・住所:札幌市東区栄町885番地1
・休館日:年末年始、屋内グラウンドは月1回程度の施設整備日あり(要確認)
・利用時間:曜日によって異なる(要確認)
・連絡先:011-784-2106
・公式サイト:http://www.shsf.jp/tsudome/

[筆者プロフィール]
三河賢文(みかわ・まさふみ)
“走る”フリーライターとして、スポーツ分野を中心とした取材・執筆・編集を実施。自身もマラソンやトライアスロン競技に取り組むほか、学生時代の競技経験を活かし、中学校の陸上部で技術指導も担う。またトレーニングサービス『WILD MOVE』を主宰し、子ども向けの運動教室、ランナー向けのパーソナルトレーニングなども行っている。3児の子持ち。ナレッジ・リンクス(株)代表
【HP】http://www.run-writer.com

▶楽しく走る! 全国のランニング・マラソン教室を探す

<Text & Photo:三河賢文>

【お知らせ】
EPARKスポーツが主催する秋のスポーツイベント!
キッズボルダリング体験、Reebok ONE アンバサダーによるスペシャルランニングレッスンなど、
ここでしか体験できないスポーツイベントです!
お申し込みは先着順!どのイベントも人数限定となりますので、お申し込みはお早めに!
>>お申し込みはこちら<<
https://sports.epark.jp/event_groups/1

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード