• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

筋肉痛には“芍薬甘草湯”、関節痛には“疎経活血湯”。専門家に聞いた「スポーツと漢方」 (1/2)

 オリンピック選手やプロサッカー選手などの一流アスリートが、肉体やメンタル面のケアとして漢方薬に注目しているというニュースを目にするようになりました。スポーツをする人にとって、漢方薬には、どんなメリットがあるのでしょうか? スポーツにともなう「痛み」と「体作り」という観点から漢方薬について考えてみます。

 中国の上海中医薬大学で、中医学を本格的に学んだあと、漢方薬局での漢方相談や、漢方セミナーの講師の経歴もお持ちの、クラシエ製薬・居原田耕平さんに、お話をうかがいました。


西洋医薬は「狩猟」、漢方薬は「農耕」だ

▲取材に応えてくださったクラシエ製薬・居原田耕平さん

 西洋医薬と漢方薬の違いをイメージするため、よくいわれるのが「狩猟」と「農耕」というたとえです。

 西洋薬が「狩猟」で、漢方薬が「農耕」に当たるわけですが、狩猟では、やってきた獲物を仕留めて、すぐ食料としてゲットできます。つまり速効性があるのですが、お腹が空けば、また再び、狩猟に出なければなりませんし、次に獲物が取れるかどうかはわからない。飢える心配は常にあります。

 農耕は、土地を耕して作物を育て、数ヶ月後でないと食料を得ることができないので、狩猟に比べて時間がかかります。しかし一度、農耕のサイクルができ上がれば、繰り返し食料を得ることができ、飢える心配はなくなります。

◆漢方は根本治療

 西洋医薬の病気への向き合い方を「対症療法」、漢方薬を「根本治療」というふうに言ったりしますが、これも同じです。

 今、カゼをひいているとして、西洋薬ではその病気を治すというところで目的が完結しますが、漢方薬は「なぜ、カゼをひいたのか」、病気の理由までさかのぼって改善していこうと考えます。もちろん、漢方にも対症療法的な処方はあるのですが、病気にならない体作り、体質改善を目指すということです。だから、時間がかかるのですが、でも土地を耕すように体質改善できれば、飢えることつまり病気から解放される、そう考えるのが漢方です。

痛みの原因は「不通則痛」と「不栄則痛」がある

 「痛み」はなぜ起こるか? 漢方では大きく2つの原因があると考えており、その2つを「不通則痛(ふつうそくつう)」と「不栄則痛(ふえいそくつう)」と言っています。

 「不通則痛」は「通じないことが痛みになっている」という意味で、血流や神経の流れが悪いため痛みが起こっているということです。

 「不栄則痛」は「栄要素がないことが痛みになっている」という意味で、栄養素とは、(漢方において)人間の大元にあって細胞などを作っているとされる「精」というもののこと。「不通則痛」では急性的な痛み、「不栄則痛」は慢性的な痛みのことが多いようです。

筋肉痛に効く「芍薬甘草湯」

 スポーツする人が使う漢方薬として知られているのが「芍薬甘草湯」(しゃくやくかんぞうとう)です。「芍薬」は筋肉の腱と結びつきがあるとされ、「甘草」は胃腸や「肌肉」に関係があるとされますが、「肌肉」とは、中国語で筋肉を指します。「芍薬甘草湯」は、筋肉痛や脚のツリなどによく効いて、しかも速効性を持っているのです。筋肉痛を引き起こしやすい人は、スポーツをする前に「芍薬甘草湯」を飲んでおくという人も、多いようです。


▲配合されている生薬の「芍薬(しゃくやく)」


▲配合されている生薬の「甘草(かんぞう)」

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード