• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • 健康
  • 「筋肉量が多いと熱中症になりにくい」ってホント?筋トレ民の素朴な疑問を医師が解説

「筋肉量が多いと熱中症になりにくい」ってホント?筋トレ民の素朴な疑問を医師が解説

 夏も筋トレに余念がない筋トレ民たち。水分補給には余念がないことと思いますが、熱中症が心配される季節でもあります。筋トレと熱中症の意外な関係について、筋トレを趣味とする国立がん研究センター研究所がん幹細胞研究分野長を務める医師・増富健吉先生に解説いただきました。

 なんと、筋トレが熱中症予防にひと役買っているというのです。

筋肉量アップが予防対策になる?

 熱中症予防には、短期的な予防と長期的な予防があると増富先生は言います。

「短期的予防は、血管内の水分の不足を予防することにつきます。すなわち水分と適度な量のナトリウムを含む電解質の摂取です。運動前の牛乳や豆乳、ヨーグルトなどのタンパク質を多く含む飲み物の摂取は、血管内に水分を引き込む力になるので脱水予防に効果的です。さらに運動中の水分と電解質のこまめな補給も熱中症の予防には重要です」(増富先生)

 「血管内の水分の不足状態」を阻止することが短期的な観点での熱中症予防につながるということですね。では、もうひとつの観点での予防法、長期的予防とは?

「必要に応じて血管内に水分の移動をさせるための『貯水タンク』を準備することと、血管内に移動させた水分を効率的に体内に循環させるための『ポンプ』を準備することです。タンクとポンプの両方の機能を持つモノ、すなわち『筋肉』をつけておくことが極めて重要な長期的予防方法になります」(増富先生)

 そもそもヒトのカラダの約60~70%が水分。なかでも水分を効率的に蓄えることができるのが筋肉です。筋肉は保水力が高く極めて効率のよい「貯水タンク」となるというのです。

下半身の大きな筋肉を鍛えよ

 では、熱中症に強いカラダづくりのために、筋肉をつけておくとよい部位はあるのでしょうか?

「貯水タンク機能とポンプ機能の双方の役目を果たしてくれる筋肉は、なんといっても下半身の大きな筋肉です」(増富先生)

2本足歩行のヒトは必然的に、下半身に血液が停留しやすいという宿命を持っています。暑さによって迷走神経が働き過ぎるような状況になると、血管内の水分はますます体内を効率的に循環できなくなってしまうのだそうです。

「下半身から心臓に血液を戻してやるポンプ機能をしっかりと準備しておくことが、熱中症の予防対策としても非常に効果的です。下腿三頭筋(ふくらはぎ)や大腿四頭筋、大臀筋などは重要な筋肉ですね。貯水タンク機能だけを目指すなら上半身の大きな筋肉を鍛えることにも、もちろん意味はあります」(増富先生)

[監修者プロフィール]
増富健吉(ますとみ・けんきち)
国立がん研究センター研究所 がん幹細胞研究分野分野長。1995年、金沢大学医学部卒業。2000年医学博士。2001-2007年ハーバード大学医学部Dana-Farber癌研究所。2007年より現職。日本内科学会総合内科専門医、がん治療認定医、日本医師会認定産業医。専門は分子腫瘍学、RNA生物学、内科学。がん細胞の増殖とコロナウイルスを含むRNAウイルスの増殖に共通の仕組みがあることを突き止めており、どちらにも効く治療薬開発が可能かもしれないと考えている。趣味は筋トレ。

※本記事はMELOSで公開された記事「医師監修:筋トレ民は熱中症に強い?熱中症のメカニズムと筋トレが熱中症予防に効果的なワケとは」を再編集したものです。

<Text:京澤洋子(アート・サプライ)/Photo:Getty Images>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新