• Facebook
  • Twitter

高知の美景と天然温泉に癒される。ランステ利用OKの温泉施設『はるのの湯』と、周辺ランニングコース (1/2)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 四国の中でも太平洋に面し、「よさこい」「坂本龍馬」などで知られる高知県。食べ物なら「鰹のたたき」が有名です。県内にはたくさんの山々が連なり、自然に溢れた環境はランニングにも最適といえるのではないでしょうか。

 そんな高知県を走るなら、ランニングステーション(ランステ)として利用できる『はるのの湯』を訪れてみてはいかがでしょうか? ここでは具体的な施設情報について、周辺のランニングコースと一緒にご紹介します。

何も持たずに手ぶらで走りに行ける

 はるのの湯は、高知市春野町にあります。付近には鉄道駅がなく、路線バスもしくは車での移動が便利でしょう。私は高知駅から走って向かいましたが、道のりは片道約10km。程よくアップダウンがあり、緑に囲まれて気持ちよく走れました。ランステとしてはもちろん、温泉に入ることを目的として、走って向かってみるのもオススメです。

 シューズは一旦、こちらのシューズロッカーへ。もし靴を履き替えるなら、最初のうちに入れ替えておくと良いでしょう。ロッカーの数には限りがありますので、1人で複数使用しないようにしてください。

 通常の入浴料は700円ですが、ランナーは500円で利用可能です。ただし、無料の会員登録が必要となります。券売機で「ランナーズ500円」の券を購入し、会員登録後に受け取るメンバーズカードと一緒に受付へ渡してください。

 脱衣所には大小2つのコインロッカーがたくさん設けられ、とても広々としています。土日祝日は混雑するようですが、これだけ余裕があれば問題ないでしょう。窓からは陽の光が差し込み、全体的に清潔感があります。こちらで着替えたらロッカーに荷物を入れ、受付へ戻りましょう。

 走りに出かける際には、受付で「メンバーズカード」「ロッカーキー」「シューズロッカーキー」を預けます。つまり、手ぶらで走りに行くことが可能です。走り終わったらこれらを受取り、お風呂に入ってサッパリ!とても手軽に利用できます。

種類豊富なお風呂を楽しめる温泉施設

 こちらの温泉施設には、さまざまな種類のお風呂があります。写真をメインに、各種お風呂についてもご紹介しておきましょう。

◆室内大浴場

 室内には岩風呂や檜風呂などがあります。ガラス張りで外が眺められ、とてもゆっくりと落ち着いて過ごすことができます。

◆露天風呂

 頭上に青空が広がり、開放的な露天風呂。打たせ湯や寝湯、洞窟風呂などがあります。

 心地よい風が吹けば、走り終えて火照った身体を優しくクールダウンさせてくれるでしょう。

◆サウナ

 「汗をかきたりない!」いう方はサウナをどうぞ。ただし、脱水などにはくれぐれもご注意ください。出口横に設けられた水風呂は、アイシングにも活用できそうです。

◆砂風呂

 砂風呂を体験できるのは、四国でもこちらの施設だけ! 砂に入って暫く経つと、体の芯からポカポカ温まります。利用には別途料金が必要ですが、砂風呂未体験という方は、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

◆レストラン

 ちなみに「走ってお腹が減った」という方は、館内のレストランを利用してみてください。洋食から和食まで、種類豊富な食事を楽しむことができます。特に人気なのがランチタイム限定のバイキング。見ているだけで食欲をそそる品々は、疲れた身体を内側から癒やしてくれるはずです。

合宿にも利用できる宿泊施設を併設

 後ほどランニングコースとしてご紹介しますが、はるのの湯は近くに総合運動施設『春野総合運動公園』があります。陸上競技場や野球場、テニスコート、アーチェリー場などさまざまなスポーツに対応する競技施設を持ち、年間を通じて数多く大会も開催されている場所です。

 こちらの温泉には宿泊施設が併設されており、一般からチーム合宿まで利用できます。ちょうど取材に訪れた際には、チェコ共和国カヌーインターナショナルチームが合宿に訪れていました。

 木のぬくもりを感じる館内。温泉施設とは入口が分かれていますが、こちらの宿泊施設館内にも温泉の出る入浴場が設けられていました。しかもバリアフリー仕様となっており、パラアスリートへの対応も考えているのだとか。

 宿泊する部屋はいくつかの広さがあり、とても落ち着いた雰囲気です。こちらを拠点にしつつ、高知県内を走って回る。一時的なランステ利用はもちろん、中期・長期滞在での利用も良さそうです。

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード