• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

神戸にいた“武術の女の子”が女優になるまで。山本千尋が語る太極拳(前編) (2/3)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

練習場以外でも練習することが増えましたね。家に帰ってから、いわゆる自主練をするようになりました。練習場でみんなと同じことだけやっていても、変わらないと思ったんです。

「日本人は好きなスポーツができて羨ましい」という言葉にグサっ!

――2008年の「世界ジュニア武術選手権大会」では、槍術で金メダル、長拳で銀メダルを取りました。このときにはかなり強くなっていたと思います。

小学6年生のときのお話ですね。そのときは世界大会も初めてだったので、自分が上手になっているという感覚もなかったんです。代表に選んでもらえたことがまずうれしくて。でも、自分が世界の中でどれくらいの実力なのかは全然わからなかったので、まず勝負だなと思っていました。だから、まさか優勝できるとは思っていませんでしたね。世界大会は、ある意味自分の背中を押してくれましたし、刺激的な体験でした。

▲武術太極拳の大会で演舞する山本さん

――武術太極拳の世界大会には、どれくらいの国が集まりますか?

世界中から83ヶ国くらい集まるんですけど、アジアの選手はやはり強い! だから、アジア大会が世界大会に近い感じになりますね。

――武術太極拳の本家ともいえる中国が強豪国になるのでしょうか?

そうですね。中国はもう国技ですから。さらに中国での武術太極拳は、どちらかというと貧しい子どもがするものなんです。というのも大会で優勝したら優勝賞金をもらえる。貧しい家の出の選手たちは仕送りをするお金を手にするため、強い心で臨むんです。ハングリー精神がすごい!

だから、「日本人の選手は自分の好きなスポーツをできるからいいよね」と、中国の選手に言われました。そのときは(心に)刺さったというか、「好きでできるって恵まれているんだな」と思いました。

武術太極拳を広めたい! この想いは女優を続けるモチベーションのひとつ

――武術太極拳と一口に言っても、いろいろな種目があるようですね。例えば山本さんが世界大会で参加した種目は何ですか?

世界大会でいうと、まず武術太極拳という競技の中で、南拳、長拳、太極拳という3種目に分かれます。その3種目がさらに2〜3種目に分かれるんですけど、例えば私は長拳をやっていたので、「長拳」「剣術」「槍術」という3種目に出ていました。すごく細かい話ですよね(笑)。

――何種目も出場することになると、そのぶん練習が大変なのでは?

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード