• Facebook
  • Twitter

神戸にいた“武術の女の子”が女優になるまで。山本千尋が語る太極拳(前編) (1/3)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 公園や道場などで年配の方がやっている太極拳といえば、ゆったりとした動きで精神や身体を整えていく拳法のひとつとして広く知られています。一方で、武術太極拳は、拳や武器を使った「演武」の美しさで勝負するスポーツの一種。

 この武術太極拳の世界大会で多くの優勝経験がある山本千尋さんは、現在女優として活躍中。現在放送中の『ウルトラマンジード』ではヒロインの鳥羽ライハ役、漫画『キングダム』の連載10周年実写特別動画では女剣士・羌瘣(きょうかい)役、そして現在公開中の映画『BRAVE STORM ブレイブストーム』ではヒロインの春日はるか役を務めるなど、気鋭のアクション女優として注目を集めています。

 そんな山本さんのアクションの基になっているのが、幼いころからトレーニングを積んできたという武術太極拳。いかなるスポーツで、いかなる訓練を積んできたのか、お話しを聞いてみました。

▼後編はこちら

「私もジャッキー・チェン様やジェット・リー様のようにかっこよくなりたい」山本千尋が語る太極拳(後編) | ビューティ×スポーツ『MELOS』

試合で太極拳の武器を落としてしまった。その悔しさがバネ

――山本さんが太極拳を始めたきっかけは?

3歳の頃、母親に武術スクールに連れていかれたのがきっかけでした。母がジャッキー・チェンやジェット・リーといった香港スターが大好きだったので、地元の神戸にある武術スクールにまず姉を連れていったんです。その頃3歳だった私は一人でお留守番もできないので一緒に遊び感覚でついていきました。

ただ、そこで姉はいかに練習をサボるかしか考えていなくて(笑)。逆に私は身体を動かすのが好きだし、もともと出たがりな性格だったので、気づけば「練習に行きたい!」と言うようになっていました。はじめは週1で通っていたんですけど、気づけば週6〜7になっていましたね。

――実際に試合に出始めたのは、いつ頃からですか?

小学1〜2年生くらいでした。ただ、あんまり記憶がないんです。小さい頃からあまり緊張をしなくて、「見てもらいたい」という気持ちが強かったので、大会に出たのに気づかないくらい楽しかったんだと思います。

記憶がしっかりしてきたのは、小学4年生くらいからです。その頃に、やっとメダルを取りたいとか、上手になりたいとか、そういう感覚になってきました。それは試合で最下位になったことがきっかけだったんです。武器を落としてしまうという、一番してはいけないミスをしてしまって……。そのとき、すごく悔しくて、「次は絶対メダルを取りたい!」と燃えてしまいました(笑)。

――そこから猛練習が始まった?

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード