• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI・恋汐りんご「剣道は走るのが苦手だから始めたんです」(前編)│アイドルと、スポーツと、青春と。#18 (3/3)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

――団体ではどのポジションが多かったんですか?

中堅になることが多かったですね。たまに副将・大将もあったかな。このポジションは、先鋒と次峰の状況によって、やるべきことが変わるんですよ。それぞれが負けたら、どうにかして1本をとらなきゃいけない。どちらかが1勝していれば、そこまで無理はしないで1本を狙いに行くかを探る、とか。

――中堅や大将を任されるとは、部内でも実力者だったんですね。

うーん、背が大きかったからかもしれないです。当時何センチだったかは覚えてないんですけど、いつも背の順で後ろの方だったので。

――得意な技はありましたか?

しおは、「合い面」が得意だったと思います。決まったときはすごく気持ちいいんです。これがうまく決められたときはうれしかったですね。

――では、常にこの技を狙っていたんですか?

そうですね。ただ、一時期、小手に逃げちゃう時期があったんです。

――「逃げる」とはどういうことですか?

面を狙うと隙が大きくなって、胴や小手を狙われやすいんです。しおは臆病だったので、隙が小さい小手に逃げちゃう。相手と向き合うと、やっぱり怖いんですよ。相手によってはそれで楽に勝てるので、逃げがちだったんですけど、先生から「逃げるな!」って怒られて。また、「行くぞ!」って心を決めて、面を打ちにいけるようになりました。

――特に印象に残っている場面はありますか?

自分のやるべきことをちゃんとやって、チームが良い方向にいくと気持ちよかったです。逃げ切ればいい場面では無理にいかないけど、攻め気を見せて逃げすぎず、足を使って打たれないように意識するとか。うまくいって試合に勝つと先生から「よく考えてできたな」って褒められるので、うれしかったですね。

後編:バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI・恋汐りんご「剣道を通じて体力と精神の両方が鍛えられました」(後編)

[プロフィール]
恋汐りんご(こいしお・りんご)/バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI
6月16日生まれ、群馬県出身。愛称は「しおりん」で口癖は「はわー(U ‘ᴗ’ U)」。2013年、「バンドじゃないもん!」(当時)に加入、担当カラーは恋するりんごいろ(赤色)。また、アニメソングや電波ソングを中心に選曲するDJとしても活動している。剣道のほかに裁縫も得意で、ハンドメイドのブランドを手がけた経験を持つ。
【バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI公式サイト】https://banmon.jp/
【Twitterアカウント】@sioringogo

<Text:森祐介/Edit:村上広大/Photo:玉村敬太>

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード