• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

今年初の国内スパルタンレース、結果は? 東京ドイツ村に3,974名が集結

 世界最高峰の障害物レース「SPARTAN RACE(スパルタンレース)」の2019年国内第1回大会が、5月18日、東京ドイツ村にて開催されました。

 昨年5月に続き、2回目となる東京ドイツ村でのレース。今回は、SUPER(距離約13km以上・障害物25個)開催や、障害物の配置変更など、前回とは違ったコース設計で挑戦者たちを迎えました。レース当日はすがすがしい五月晴れ。3,974名の出場者が会場に集結し、タイムによる順位を争うSUPERエリートは、朝9時半に男子の部が大きな歓声の中、一斉にスタートしました。

 水に潜って障害物をくぐる「Dunk Wall(ダンクウォール)」や、張り巡らされた有刺鉄線の下を匍匐前進で進む「Barbed Wire Crawl(バーブワイヤークロール)」など、参加者は数々の難関を乗り越えてゴールへ。SUPERエリートの男子1位となる優勝選手のタイムは1時間06分33秒、女子の優勝選手のタイムは1時間30分37秒と、驚異的な速さを見せつけました。

 さらに、KIDSレースでは239名の子どもたちがレースに参加。また、年齢グループごとに競うレースSUPERエイジグループでは454名が参加したほか、一般の参加者が数多く挑戦したSUPERオープンは1,966名、SPRINTオープンには72歳の最年長参加者を含め1,293名の方々が参加し、レースを走り抜きました。

 なお、今後は7月6日(土)に福島県会津若松市で、さらに、9月15日(日)には新潟県のGALA湯沢スキー場にて開催が決まっています。両レースとも、現在エントリー受付中です。

<Text:辻村>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード