• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • ニュース
  • 「G-SHOCK」新モデル発売へ。デザインはそのままに、心拍計とGPS機能を搭載

「G-SHOCK」新モデル発売へ。デザインはそのままに、心拍計とGPS機能を搭載

 他の時計とはどこか違う魅力を放つ「G-SHOCK」。耐衝撃性に特化した無骨な見た目が好きというファンも多いのでは。できれば、昨今のスマートウォッチに搭載されているような心拍計やGPS機能も付いたらいいのに……そんな「G-SHOCK」好きアスリートのリクエストに応える新モデルが登場しました。

光学式センサーや加速度センサーを搭載

 このほど登場した「G-SHOCK」の新製品「GBD-H1000」は、血管の血流量の変化を感知して心拍数を測定できる光学式センサー、方位・気圧/高度・温度を計測するトリプルセンサー、歩数や移動距離を計測する加速度センサーといった各種センサーを搭載しています。

 これらセンサーで計測されたデータは、Bluetooth経由でスマートフォンの専用アプリケーションと連携して解析。心肺能力の指標を時計上で表示することができます。

GPS機能搭載で移動履歴も表示可能に

 さらに、「GBD-H1000」にはランナーにうれしいGPS機能を搭載。アプリと連携することで、消費カロリーや移動履歴といった計測データを確認することができます。日頃の健康チェックやトレーニングに最適な「G-SHOCK」と言えるでしょう。

無骨なデザインはもちろん健在

 「G-SHOCK」の魅力のひとつであるデザイン面ですが、高機能化された「GBD-H1000」でも健在です。フォルムや素材はトレーニング向けにアップデート。カーブがかかったバックカバーやソフトウレタンバンドを採用することで、フィット感が向上しています。20気圧防水に対応していることも、アスリートにとってはうれしい限り。

 充電方式はUSB接続も可能ですが、日常での使用はソーラー充電で賄うことができます。

 「GBD-H1000」のカラーバリエーションは、ブラック×ホワイト・オールブラック・レッド・ブラック×レッドの4種類。4月24日(金)発売で、価格は55,000円(税込)です。

<Text:辻村>

特集 - SPECIAL -

連載 - SERIES -

ランキング

  • 最新