• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

アスリート向けSNS「Strava」に新機能。アスリートの好みに合わせた“ルート”を提案

 アスリート向けのSNSとして、全世界でユーザー数5千万人を誇る「Strava(ストラバ)」。このほど、ランナー・サイクリスト向けの便利な機能がリリースされました。

アスリートの好みに合わせた質の高い「ルート」を提案

 このほどリリースされたのは「ルート」機能。同様のアプリやSNSでは、ランナーやサイクリストが走行したルートの距離やタイムを測定する機能が一般的ですが、このほど「Strava」でリリースされたのは、「ルート」の提案機能です。

 世界中のアスリートから30億件以上のアクティビティがアップロードされている同SNS。今回の新機能では、蓄積された知見を用いて、位置や距離、路面タイプ(舗装道路やオフロード)、起伏のある地形、平坦な地形など、アスリートの好みに合わせた質の高いルートを提案してくれます。

 使い方は、Stravaアプリの「もっと見る」タブをタップして、「ルート」機能にアクセス。すると、現在地もしくは指定した場所を起点としたルートが3パターン提案されます。距離、路面タイプ、勾配など、細かい要望も設定できるので、コンディションにあわせてルートを設定することができます。

 なお、使いたいルートを見つけたら、そのルートを保存してStravaアプリから直接ナビとして利用できるので便利です。ルート提案は当該エリアの人気度に基づいて作成されるそうですが、独自のルートを作成したい場合、ルート提案ページからワンタップで、指でなぞってコースが作成可能な「ルートビルダー」機能(※既存)を立ち上げることもできます。

 いつもと違ったコースをチェックしてみたい場合は、「ルート」機能を活用してみては。

<Text:辻村>

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード