• Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

「腕振り」でランニングが変わる。速く走るための上半身フォームトレーニングで改善しよう (1/2)

 ランニングは足で走るため、あまり上半身に着目してトレーニングしている方は多くありません。筋トレや、走った後にストレッチを行う際も、おそらく下肢に重きを置いて取り組んでいるのではないでしょうか。しかし、より速く走りたいと願うのであれば、上半身も意識していくことが大切です。ここでは上半身の中でも特に“腕振り”に着目して、その重要性やよく見られる誤ったフォームを解説していきます。

なぜ腕振りが重要なのか

 腕振りの重要性を実感してもらうには、まず腕をまったく振らずに走ってみてもらうと分かりやすいでしょう。非常に走りにくく、スピードも出ないはずです。逆に、おそらく腕を動かしたくてウズウズするのではないでしょうか。歩行時も同様ですが、本来、人はランニング時に自然と腕を振っています。腕と足は連動して動くようにできており、腕振りはランニングにおいて“なくてはならないもの”なのです。

 また、足の動きと腕振りは連動しています。一歩前へ進むのに、腕振りを2回以上する人はいないでしょう。腕振り1回に対して、足も一歩。そして、基本的にこの両者は同時に行われます。たとえばピッチを上げたい場合、意識的に腕振りも動きを速めなくてはいけません。この足と腕の動きが連動して同時に行われないと、必死に動いているつもりでもスピードは思うように上がらないのです。

 もう一つ、腕振りを考えるときに覚えておきたいことがあります。それは、「腕を動かせば足が動く」ということです。試しに、思いきり腕を振ってみてください。腕振りに引っ張られるようにして腰が動き、そして腰に引っ張られるようにして足が動くはずです。この連動性は走る際の推進力に繋がり、より大きく、力強く腕を振ることで、下肢を含めた走りそのものがダイナミックになります。

避けるべき腕振りフォームは?

 腕振りには癖が出やすく、トップランナーでもフォームは多様です。そのため、中には「腕振りは自由に振りやすいようにすればいい」という意見も少なくありません。しかし“走りに活かす”という観点で見れば、やはり避けるべき腕振りのフォームがあります。ここでは、よく見るNGフォームをご紹介します。

・引いた腕が伸びきってしまう

 腕振りする際、多くの方は肘を軽く曲げるはずです。しかし前に振ったときはいいものの、後ろに引いたとき、肘が伸びきってしまう人が多く見られます。これでは、腕振りの力が後方に流れてしまい、前への推進力に繋がりません。肘を曲げて腕振りをブロックするからこそ、その反動で腰、そして足への動きへと連動していくのです。

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

オススメ連載
Series

注目キーワード