• Facebook
  • Twitter

怪我に悩んでいるランナー必見!重力を味方につけて楽に走る「チーランニング」とは?

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 ランニングを始める理由、そして目標は人それぞれ異なります。しかしランニングを継続するという視点では、“怪我を避ける”ことがとても重要でしょう。実際、せっかくランニングを始めたにも関わらず、怪我の繰り返しによってやめてしまうという方がたくさんいます。

 では、いったいどうすれば怪我せず走ることができるのか。今回ご紹介する『チーランニング』のメソッドは、その答えを与えてくれるかもしれません。

チーランニングは“重力を味方につける”走り方

 『チーランニング』は太極拳の動きをランニングに取り入れたメソッド。しかし太極拳とランニングを頭の中で結びつけるのは、なかなか難しいかもしれません。そこで着目したいのが“重力”の存在。チーランニングはこの重力を使うことによって、無駄のないランニングを会得することができます。

 モノを投げれば最終的に落下するように、人間も常に重力を受けています。真っ直ぐに立った状態であれば、この重力の向かう先は真下。地面に向かって一直線ということになるでしょう。もしその場でジャンプすれば、この重力に逆らう形となります。

 この考えを、ランニングに置き換えていきましょう。立った状態から身体を前に傾けると、誰もがやがて姿勢を維持できず、脚が前に出るはずです。これは、身体が倒れないよう無意識に行われる行動。これをランニングに応用していきます。

 身体を前傾させると重力によって身体が引っ張られ、倒れそうになります。これを防ぐため脚が出るわけですが、ここで“脚を出して踏ん張る”のではなく、“脚で地面を受け流す”のです。受け流すことで身体は一歩前に進み、また身体が引っ張られてか倒れそうになる……あとは、この繰り返し。もちろん、着地時には地面から反発による衝撃が多少あるでしょう。しかし踏ん張って蹴り出すのに比べると、脚は最小限の負担だけで走ることができます。

 つまり重力に反発するのではなく、その力をも味方につけて推進力に変えていく。これによって、脚は少ない負担で済むため、怪我のリスクが大きく軽減されるというわけです。

チーランニングは走力アップにも繋がる

 いくら怪我が避けられても、シリアスランナーならば「記録が向上しないなら意味がない」と考えることでしょう。しかしチーランニングは、走力アップも期待できるメソッドです。

 走る際に脚が受ける負担を軽減できるということは、つまり同じ距離を走っても、脚に蓄積する疲労は少ないということ。距離という点で見れば、これまでより長いレースでも走りきれるようになることでしょう。

 そして長い距離をより楽に走れるようになれば、自然と走るペースも上がっていきます。チーランニングではまず走り方を身に付け、それによって走れる距離が伸び、スピードが伴ってくるという考え方のようです。

 なお、チーランニングで重力を味方に付けた走り方を実践するには、姿勢を維持するために体幹部を使います。そのため、意識的に走り方を変えていくと、体幹部も強化されていくでしょう。上半身がしっかり使えるようになれば、全身を使った大きな走り方が生まれ、脚だけに頼った走り方から卒業できそう。実際、私もチーランニングのメソッドに習ってトレーニングを重ねましたが、レースを走った際、脚よりも腹筋部が疲労するようになりました。体幹トレーニングは取り組む方が増えていますが、その“使い方”という意味でも、チーランニングは重要なメソッドと言えそうです。

 このチーランニング、まだ日本ではメジャーなものではありません。アメリカで生まれたメソッドですが、国内に公式インストラクターは1名しかいないとのこと。MELOSではそんな唯一のインストラクターへも取材を予定しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。

[筆者プロフィール]
三河賢文(みかわ・まさふみ)
“走る”フリーライターとして、スポーツ分野を中心とした取材・執筆・編集を実施。自身もマラソンやトライアスロン競技に取り組むほか、学生時代の競技経験を活かし、中学校の陸上部で技術指導も担う。またトレーニングサービス『WILD MOVE』を主宰し、子ども向けの運動教室、ランナー向けのパーソナルトレーニングなども行っている。3児の子持ち。ナレッジ・リンクス(株)代表
【HP】http://www.run-writer.com

<Text:三河賢文/Photo:Getty Images>

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード