• Facebook
  • Twitter

ヨガの効果がもっとも得られるのは朝昼晩いつなのか? (1/2)

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

 ヨガを行っている人たちは、スタジオに通い早朝か夕方以降にレッスンを受けるスタイルが多いと思います。さらに自宅でもヨガを習慣化している人も多いのではないでしょうか。

 ヨガは一定のスペースさえあれば、空いた時間に気軽にでき、短時間でも効果が期待できることもうれしいものです。レッスンと自宅では、時間帯が変わることは効果に影響するのでしょうか。はたして「ヨガに適した時間」はあるのでしょうか。

▶心とカラダをリフレッシュ! 全国のヨガ・ピラティス教室を探す

心身ともに刺激を与えてくれる「朝ヨガ」

 実はヨガをするのに最も効果的な時間は「朝・起床後」と「寝る2時間前」がベストといわれています。理由のひとつは、骨盤を矯正して内臓の働きが正常になるように調整するからです。内臓を支えている骨盤は朝から夜にかけて徐々に開いていきます。朝ヨガをすると骨盤や骨を支える筋肉が活発になり、夜になっても骨盤がなるべく開かないようにしてくれるのです。

 起きてすぐ空腹の状態でヨガをすると脂肪燃焼が促されるので、持続すれば体質改善効果も期待できます。さらに朝ヨガは、神経にも刺激を与えます。ヨガで体を整えると副交感神経と交感神経の切り替えが行われスッキリと目覚めることができるのです。このようにうれしい効果がたくさんある朝ヨガ。ただし、実施するにはルールがあります。

●朝ヨガをするときのルール
・ヨガ前に必ずトイレに行くこと
・朝食を食べる前にすること

 さらに窓を開けるかベランダに出て朝日を浴びながら、「素足」で太陽エネルギーを吸収するような気持ちで行うとより効果的です。

心身をリラックスさせ安眠に導く「夜ヨガ」

 夜間は夕方6時以降と夜の9時以降にヨガをするのが効果的といわれています。正午ごろに食事を摂り、控えめな間食をとっておけばちょうど空腹になるのが夕方6時ごろ。つまり、ヨガに適した体制が整います。ポーズには内臓を圧迫したりスムーズな呼吸法が大切なので、なるべく空腹の状態がベストなのです。

  • LINEで送る
  • はてなブックマーク

ランキング
Ranking

  • 最新

オススメ記事
Special

注目キーワード